介護報酬請求事務技能検定試験とは?通信講座や難易度など情報解説!

介護報酬請求事務技能検定試験とは? 介護事務

介護報酬請求事務技能検定試験」について詳細をまとめました。

試験内容から合格基準、試験対策の通信講座など情報をお届けします。
介護事務員だけでなく、他の介護専門職のスキルアップにも使える資格です。

他の資格との特徴比較も解説するので、介護事務員を目指す方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

介護報酬請求事務技能検定試験とは?

介護報酬請求事務技能検定試験とは、日本医療事務協会が認定する介護事務の資格です。

学科実技による試験に合格する事で、取得出来ます。
検定試験では、介護事業所での請求事務業務に必要な知識・技能を審査します。

事務仕事

試験合格で有資格者と認められ、履歴書に書く事が出来ます
「日本医療事務協会主催 介護報酬請求事務技能検定試験 合格」と記載できる

資格取得の過程で、介護保険制度や介護報酬、給付管理業務などの知識が身に着きます

介護事務員として働きたい方、介護職員として業務の幅を広げたい方などにお勧めの資格です。

試験合格で働ける職場と職種

介護報酬請求事務技能検定試験に合格すると、介護事業所等の介護事務員として活躍が期待できます。

活躍できる職場例

  • 入居介護施設(老人ホーム)
  • 通所介護施設(デイサービス)
  • 医療機関

OKサイン

また介護事務資格は、介護職員やケアマネなど、他の介護専門職にも取得されています。

仕事への理解を深め、業務を広げる等、スキルアップに有効です。
知識や出来る事を増やす事で、介護業界でのマルチな活躍が可能になります。

介護事務員に資格は必須?

介護事務は、特に資格が必要な仕事ではありません。
しかし、介護保険や介護報酬など専門的知識が必要な仕事です。

疑問

それらの知識・スキルを持っておく事は、採用だけでなく実務面でも意味のある事と言えます。

介護事務の仕事に興味があるのなら、学習しておく事をお勧めします。

介護報酬請求事務技能検定の内容と受験方法

介護報酬請求事務技能検定試験の概要です。

試験内容 【学科】正誤問題 25問
【実技】2題 3問(介護給付費明細書作成)
※教材や資料、計算機の持ち込み可
試験日・会場 偶数月第3日曜日 (試験時間は2時間)
※会場は開催月により異なります
※講座受講の場合、在宅受験可能
受験資格
  • 日本医療事務協会が認定する介護事務講座を修了した者
  • 受験申請のあった高校・専門学校・短期大学・大学等
  • 受験申請のあった一般受験申込み者
受験方法・受験料 ①医療事務協会より、必要書類一式(受験要項・検定試験申請書)を請求
②試験日の10日前までに協会あてに申請書類一式を郵送(当日必着)
※受験料は6,000円
合格基準 問題の総得点の70%程度を基準
(問題の難易度で補正した点数以上の得点の者)
合格通知 試験日の約2週間後、郵送にて通知
備考 申し込みやお問い合わせは、日本医療事務協会(03-3349-6011)
試験範囲 介護保険制度のしくみ
給付管理業務の実際
他制度との関係
介護報酬
居宅サービス(サービスコード表含む)
居宅介護支援
施設サービス(サービスコード表含む)
地域密着型サービス

試験は、「正誤問題(学科)」と「介護給付費明細書作成(実技)」です。

合格基準は総得点の70%を基準とし、難易度で補正があります。

勉強する看護学生

日本医療事務協会による「試験対策講座(通信か通学)」も開講されています。
通信講座を受講した場合、自宅での受験も可能です。

日本医療事務協会の介護事務講座(資料請求)

検定試験の合格率と難易度は?

介護報酬請求事務技能検定試験の合格率は下記。

日本医療事務協会HPより

介護報酬請求事務技能検定試験の合格率
2018年 79.1%
2017年 84.1%
2016年 85.4%
2015年 83.9%
2014年 72.1%

合格率は、およそ75~85%程度。

難易度としては、勉強して対策すれば合格は難しくありません。
教材なども試験中に見る事が出来ます

ただし当資格は、介護事務員としての実務能力を測る為の検定試験です。
取得の過程で得た実務能力は、資格と同じく重要な価値があります

合格率の高さに安心せず、しっかりと勉強を積み重ねていきましょう。

介護報酬請求事務技能検定の通信講座

介護報酬請求事務技能検定試験は、日本医療事務協会で対策講座を開講してます。

通信と通学コースが用意されてますので、それぞれ情報をお届けします。

介護事務講座(通信)

費用 43,000円(教材費込・税別)
受講期間 最短学習期間は1ヶ月
受講サポート期間は1年
添削課題 全3回
その他 通信での介護事務コンピュータ講座有り
受講料は22,000円

日本医療事務協会の介護事務講座(資料請求)

介護事務講座(通学)

費用 45,000円(教材費込・税別)
受講期間 6時間×3日間、全18時間
その他 実習を中心に学習

他の介護事務資格との違いを比較

介護報酬請求事務技能検定の他にも、介護事務の資格は色々あります。

例えば、「ケアクラーク」や「介護事務管理士」といった資格です。

これら介護事務資格には違いもありますが、下記の様な共通点があります。

介護事務資格はどれも取得方法が似てる

  • 試験の合格で取得
  • 現実的な勉強方法が通信講座
  • 通信講座受講なら在宅受験可能

公式テキストが入手しにくく、試験対策は通信講座が主になります。
開講スクールも違いますので、そこの好みで決めても良いでしょう。

ポイントを説明する看護師

これらの特徴や違いをピックアップしたので、比較検討にお役立てください。

  介護報酬請求
事務技能検定
ケアクラーク 介護事務管理士
講座開講スクール 日本医療事務協会
(43,000円)
ニチイ
(36,667円)
ユーキャン
(39,000円)
通信講座の修了目安 最短1ヵ月 4ヶ月 標準4ヶ月
試験情報 偶数月 年6回、奇数月 年6回、偶数月
評価能力 介護事務スキル特化 介護事務+介護技術等 介護事務スキル特化

ちなみに、試験内容(学科+実技)合格基準(7割目安)も似てます。
毎月何かしらの介護事務試験が受けられる点にも注目。

技能検定と介護事務管理士は、どちらも「事務スキル特化」の資格ですね。

一方ケアクラークは、介護技術など「総合的な能力」を証明できる資格。
介護関係の知識を幅広く試すので、試験範囲も広くなります。

介護事業所の考えにより、介護事務員の業務範囲は異なります。
介護事務員と介護現場を兼務する事もある様です。

女性訪問介護員の食事介助

特に介護士が不足しているので、資格や技術のある職員は食事介助の応援を頼まれる事も。
介護技術を持つ介護事務員は、業務を幅広く担当でき、万能な存在として重宝されます。

自分が「介護事務員としてどうありたいか」考え、取得する資格を選ぶと良いでしょう。
介護技術に興味があれば、費用は掛かりますが初任者研修(解説記事)の取得もオススメです。

下記から、色々な介護事務講座を比較できるのでご活用ください。
講座受講する時は、必ず目標資格をチェックして下さい

介護事務講座の比較・資料請求

介護事務を学べる本は?

ここまで述べた通り、資格取得や介護事務の学習には講座受講が有効です。

どうしても「独学で学びたい」という方へ、介護事務を学ぶのに参考になりそうな書籍を紹介します。

これならわかる〈スッキリ図解〉介護保険

また日本医療事務協会でも、講座教材の購入を受け付けてます。
介護事務講座のモノだと、「練習問題」や「 レセプトセット」などを扱ってます。

もし興味があれば、確認してみて下さい。
日本医療事務協会(教材紹介)

まとめ

今回は、「介護報酬請求事務技能検定」について情報をお伝えしました。

介護事務資格は在宅受験で取得できるモノが多く、学習も取得も気軽に出来ます。
ぜひこの機会に取得検討いかがでしょうか?

記事中でも述べましたが、介護事務資格は種類により目指す能力が微妙に異なります。

出題範囲を見れば、その傾向や違いも掴めると思います。
自分が目標とするスキルに合わせ、選んで下さいね。

介護事務講座の比較・資料請求

他の資格を調べる
介護・福祉の資格一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました