介護事務管理士の資格を取るには?通信講座や試験合格率を解説

介護事務管理士とは 取得方法と通信講座 介護事務

介護事務職になりたいけど、介護請求などなんだか難しそう…。
そんな方にオススメする資格が介護事務管理士です。

介護事務の資格は色々ありますが…、
こちらはレセプト等の専門業務を中心に学ぶので、特に実用的な内容です。

資格取得する事で、事務能力の習得や自信に繋がります。
転職の際にも、採用の可能性を高める事が可能です。

今回は、介護事務管理士の取り方や通信講座などを解説します。

スポンサーリンク

介護事務管理士はどんな資格?

介護事務管理士は、「JSMA技能認定振興協会」が2000年に認定開始した日本初の介護事務資格。
介護事業所のサービス受付や会計、レセプト業務等、介護事務員としてのスキル証明になります。

当資格は、介護事務管理士技能認定試験に合格する事で取得できます。
試験内容は、マークシート式の「学科」とレセプト作成等の「実技」です。
受験制限はなく、どなたでも取得可能です。

事務仕事

介護レセプトとは?
「介護給付費明細書」のことを指します。
これは介護サービス利用費について、保険適用分を国から受け取る為に必要な書類です。
レセプト作成は、介護事業を運営するうえで非常に大切業務です。
介護事務管理士は、こうした介護事務能力を証明する検定資格です。

介護事務管理士は事務スキル特化

介護事務の資格は、他にも色々な種類があります。
他と比較すると、介護事務管理士は「事務スキル」に特化した資格です。

試験内容は、介護保険制度介護請求事務、レセプトに関するものがほとんど。
これらのスキル習得に、特に適した事務資格である事が分かると思います。

介護事務管理士の特徴

他の介護事務資格には、「ケアクラーク」もあります。

こちらは事務スキルに加え、福祉や高齢者の理解等、幅広い内容について学習します。
自分が習得したい知識・能力を考え、取得する資格を決めましょう。

他には、介護報酬請求事務技能検定試験もあります。
こちらは介護スキル特化で、通信講座が最短1ヵ月で修了できます。

介護事務管理士は奇数月、ケアクラークは偶数月に試験があります。
どちらも受験チャンスが多く、交互に試験があります。
ユーキャンの介護事務講座は、介護事務管理士に対応。
受講すると、試験も在宅で受けられます。

介護事務の仕事内容と働く職場

介護事務管理士は、介護事務職の資格です。
活かせる仕事と職場は、介護事務職のそれになります。

仕事内容は、介護報酬の請求業務やケアマネージャーのサポート等が主になります。

職場によっては、介護事務と介護現場の兼任という形で募集する所もあるようです。
職場により、介護事務員の業務範囲に差があるので注意しましょう。

案内

介護事務管理士が勤務する職場は、主に介護施設等です。

介護事務管理士が活躍する職場

  • ヘルパーステーション
  • デイサービス
  • グループホーム
  • 特別養護老人ホーム …など

介護事務管理士技能認定試験の内容

資格を取るには、「介護事務管理士技能認定試験」に合格する必要があります。
試験は「年6回(奇数月)」実施されます。

介護事務管理士 技能認定試験情報

試験方法

学科試験
・マークシート(択一式)10問 (100点満点)
実技試験
・介護給付費明細書(点検1枚・作成3枚)

※試験時間は2時間
※資料の持ち込みはOK、計算機を除く電子機器は不可

合格判定

「学科試験」
・70点以上
「実技試験」
・点検・各作成問題ごとに50%以上の得点
・3問の合計で70%以上

学科、実技共に合格基準に達する必要あり

試験日程

年6回(1月、3月、5月、7月、9月、11月)
奇数月の第4土曜日

試験会場

・JSMA指定会場、
・受験申請のあった専門学校、各種学校等
※指定講座の受講生であれば、在宅受験可能

受験料

6,500円(税込)

受験方法と合格通知

「介護事務管理士技能認定試験」の受験方法と結果通知について説明します。

受験方法
試験の申込方法は、以下の3つです。

  • 「インターネット」
  • 「コンビニ端末」
  • 「申込書送付」

コンビニの場合、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどの情報端末から可能。
その他2つについては、JSMA技能認定振興協会ホームページにて受け付けています。

必要情報の入力・送信後、受験料の入金をもって受付が完了します。
試験日の1週間前を目安に、受験票が発送されます。

合格結果の通知
合否結果は、試験実施後1ヵ月以内に文書にて通知されます。
合格者には、「介護事務管理士」の合格認定証が交付されます。

介護事務管理士試験の出題範囲

試験内容は「学科」と「実技」となります。
出題範囲は以下。

介護事務管理士 技能認定試験 出題範囲

試験科目 出題範囲
学科試験
(マークシート式 10問)
「法規」
・介護保険制度
・介護報酬の請求についての知識

「介護請求事務」
・介護給付費単位数の算定
・介護給付費明細書の作成
・介護用語についての知識

実技試験
(3問)

介護給付費明細書を作成するために必要な知識

・レセプト点検問題​
・レセプト作成3枚(居宅サービス・施設サービス)​​

介護保険制度、介護請求の知識、レセプト点検・作成といった内容です。

学科・実技共に資料の持ち込みが可能です。
電卓の使用も認められているので、焦らず落ち着いて臨みましょう。

介護事務管理士の合格率と難易度

介護事務管理士の合格率は50%位です。
しっかり試験対策しなければ、合格は難しい資格でしょう。
JSMA技能認定振興協会より

同じ介護事務資格である「ケアクラーク技能認定試験」は、合格率約70%との事。
比較しても、試験の難易度はやや高いです。

介護事務管理士の試験対策

試験対策としては、「通信講座の受講」が無難な選択でしょう。
専用テキストなど教材が手に入りますし、在宅受験可能と、メリットが大きいです。

JSMAと業務提携している株式会社ソラストでは、試験問題集の販売をしています。

介護事務管理士が取得できる通信講座

介護事務の資格は、通信講座で学べる物が多いです。
講座により目指す資格が違うので、受講前にはよく確認しておきましょう。

介護事務管理士に対応した通信講座は、以下となります。

  • ユーキャン「介護事務講座」
  • ソラスト「介護事務講座」

ユーキャン「介護事務講座(介護事務管理士)」の内容

当記事では、介護事務管理士に対応した通信講座のうち、ユーキャンの通信講座についてご紹介します。

『ユーキャンの介護事務講座(介護事務管理士)情報』

受講料 39,000円(税込)
 ※分割払い対応 ⇒ 3,300円 × 12回(12ヵ月)
 ※教育訓練給付制度を利用で、学費の20%支給
受講期間 標準学習期間:4ヵ月 (最長12ヵ月)
添削・試験 添削回数:3回+修了認定試験1回
サポート

「学びオンライン プラス」
 ・Webテスト ・質問 ・動画解説等

教材到着後8日以内であれば返品可能

教材内容

メインテキスト 2冊
副教材 トレーニングブック、サービスコード表、インデックス、
介護レセプト用紙集、介護保険MAP、ガイドブック、
試験対策問題集、添削関連書類等

受講期間(12ヵ月)内であれば、在宅受験が可能です。
試験は資料の持ち込みが認められるので、テキスト参考に試験が受けられます。

他の介護資格を調べる
介護・福祉の資格一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました