認知症と介護度「認知症高齢者の日常生活自立度」とは

認知症高齢者の日常生活自立度の基準 介護の制度

認知症は、介護度の判定に深く関わりがあります。
正しい結果を得るためにも、きちんと理解し、調査で伝えられるようにしたいですね。

認知症高齢者の日常生活自立度という指標があり、認定調査にも活用されています。

これは認知症の方が、「どれだけ上手く生活できるか、介護が必要か」という内容です。

今回は「要介護度と認知症」をテーマに、これらの情報をお伝えしていきます。
認定調査での対応、介護度の理解にお役立てください。
スポンサーリンク

要介護度と認知症の関係

認知症の有無や状態等は、要介護度の決定に関わります

以下の様に、認知症による日常生活に支障の為、介護や支援を必要とする場合があるからです。
※介護度は、その人に”必要な介護サービスの量”を測るもの

  • 自分で服薬管理が出来ない
  • 食事や排泄が上手くできない

物盗られ妄想

また認定調査時の調査項目には、「認知機能」や「精神・行動障害」、「社会への適応」等があります。
食事や排泄の状況と共に、認知症の状況やそれによる生活支障も判断基準となるのです。

機械による1次判定は、生活場面において必要な介助時間を推計し、結果が出ます。

その判定項目には、「BPSD(認知症症状)」が含まれています。
認知症による意思疎通の難しさなども、介助時間に考慮されるという事ですね。

要介護認定の結果はどう決まる? 判定基準と状態区分を解説

また認知症がある場合、要支援者として予防給付を受ける事が難しい事があります。
その場合、要介護者として判定されます。

認知症等で予防サービスの理解が難しい方は、状態の維持・改善が難しいと判断されます。

認知症高齢者の日常生活自立度とは

認知症高齢者の日常生活自立度」という指標があります。
これは認知症度(レベル)」とも呼ばれ、認知症による症状の程度と頻度を表すものです。

認知症の日常生活自立度は、「Ⅰ・Ⅱa・Ⅱb・Ⅲa・Ⅲb・Ⅳ・M」の7段階です。
後者ほど、自立度が低く症状が重いと判断されます。

認定調査時の調査員、主治医の意見書より判定され、要介護度にも関わる要素です。
認知症が無い場合は、”自立”という事になります。

これとは別に「障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)」という指標もあります。
こちらも要介護度に関わる要素です。

日常生活自立度別の判定基準と症状

以下が、「認知症高齢者の日常生活自立度」の判断基準です。

ポイント

ランク 判断基準
何らかの認知症を有するが、日常生活は 家庭内及び社会的にほぼ自立している
Ⅱa
Ⅱb
日常生活に支障を来すような症状・行動や意志疎通の困難さが多少見られても、
誰かが注意していれば自立できる。

家庭外で上記状態が見られる場合は「Ⅱa」
家庭内でも見られる場合は「Ⅱb」

Ⅲa
Ⅲb
日常生活に支障を来すような症状・行動、意志疎通の困難さがときどき見られ、
介護を必要とする。

日中を中心に上記状態が見られる場合「Ⅲa」
夜間中心の場合「Ⅲb」

日常生活に支障を来すような症状・行動や意志疎通の困難さが頻繁に見られ、
常に介護を必要とする
M 著しい精神症状や問題行動あるいは重篤な身体疾患が見られ、
専門医療を必要とする。

参考:厚生労働省「認知症高齢者の日常生活自立度」より

次項からは、各ランクごとに詳細をみていきます。

日常生活自立度Ⅰ

軽いもの忘れなどがあるものの、ほぼ自立した生活が送れる状態です。

家族などの生活支援があれば、日常生活で困る事はないでしょう。
症状の悪化防止の為、予防に努める必要があります。

日常生活自立度Ⅱ(a・b)

日常生活に支障のある症状や行動、意思疎通の難しさが多少あっても、”誰かの注意や支援があれば自立が可能”な状態です。

在宅生活も十分可能ですが、1人暮らしには不安が残ります。
家族やサービスによる支援や見守りの目が必要ですね。

この様な状態が家庭外で見られる場合は、Ⅱa
家庭内でも見られる場合は、Ⅱbというランク付けがされます。

帰宅願望

何故このような分け方をするのかというと…、
認知症の方にとって、より適応が難しいのが、外出先など不慣れな環境です。

家庭内の慣れた環境だと、今までの生活習慣に基づいた行動がしやすいですよね。
慣れた環境でも日常生活に支障があるという事は、それだけ認知症が進行していると判断されます。

症状・行動例

Ⅱa
道に迷う事が多い
買い物や金銭管理が出来ない
Ⅱb
服薬管理が出来ない
来客や電話対応が出来ない

日常生活自立度Ⅲ(a・b)

認知症による生活への支障、意思疎通の難しさが時々見られ、介護を必要とする状態です。

食事や排泄が上手くできないなど、生活への支障程度もⅡより悪化しています。

より身近な基本行動への支障がみられ、徘徊や大声、不潔行為など、問題行動がでる事があります。
在宅生活も難しくなる状態ですね。

この様な状態が主に日中中心の場合、Ⅲa
夜間中心の場合をⅢbとしています。

髪の毛が乱れているお婆さん

特にⅢbの夜間を中心として症状が出る場合、昼夜逆転の傾向にあります。

介護者の負担増加や、本人のADL(日常生活動作)の低下により、体調・介護負担のさらなる悪化が懸念されます。

症状・行動例
食事・着替え等の基本動作が上手くできない・時間がかかる
奇声や徘徊、物を拾い集めるなど

日常生活自立度Ⅳ

認知症による生活への支障、意思疎通の難しさが頻繁にある状態で、常に介護を必要とします
自立度Ⅲにある症状や行動の頻度が多くなります。

老人ホームなど、入居介護施設の利用が必要でしょう。
目を離せない時間が多く、在宅生活は非常に難しい段階です。

日常生活自立度M

Mは他のランク付けと異なり、精神疾患に起因する問題行動が認められる状態です。

せん妄や妄想、暴力や自傷などが見られる場合に適用されるランクですね。
専門の医療機関を受診し、専門医による治療が必要です。

せん妄とは、意識障害により混乱や精神症状がある状態です。
高齢者は、脱水などの身体症状、薬の影響に原因がある事が多いようです。

Mは、認知症の程度に関係なく適用され、他ランクの高齢者でも、症状が認められた場合はMとされます。
その逆もあり、治療により改善すれば、元のランクに戻る事もあります。

認定調査で認知症を正しく伝える方法

要介護度を決める「要介護認定」、調査では認知症についてどう伝えるべきでしょう。

正しい判定結果を得るためには、短い時間で現状を的確に伝える必要があります。

認知症の方でも、訪問調査員の前では、普段よりしっかり対応が出来るケースもあります
調査時には家族が付き添い、普段の様子について正しい情報を伝えなければなりません。

これにより要介護度が正しく判定されない事があるので、注意しましょう。
「介護認定調査をやり直したい」正しい結果を得る調査時の対応

チェック

「認知症高齢者の日常生活自立度」では、認知症による生活支障について以下をみています。
参考にすると、より的確に状態を伝える事に役立ちます。

  • 時間(いつ)
  • 生活場面(どこで)
  • 頻度(どのぐらい)

認知症により、いつ、どこで、どのぐらい”困っているのか、よく整理しておきましょう。
それにより、どれほど介護が必要になっているかも重要なポイントですね。

問題行動等、特別困っている事も忘れず伝えておきましょう。

高齢者イメージ

介護施設の利用を検討する場合、認知症に対応している施設を選ぶ必要があります。
例えば、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、グループホームなど。

施設情報検索サイトでは、資料請求や相談の他、施設見学の予約も出来ます。
老人ホーム選びに活用して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました