ケアクラークはどんな介護事務資格?勉強法(通信・独学)も解説!

ケアクラーク技能認定試験とは介護事務

介護事業所や要介護者が増え、介護事務員の需要も高まっています。

人気職種という事もあり、採用や待遇では介護事務の資格でアピールしたいところ。

今回ご紹介するケアクラークは、介護事務の資格の1つ。
介護事務員に必要な知識・能力を評価する検定試験です。

今回は「ケアクラーク技能認定試験」の内容を解説します。
通信講座やテキストなど勉強方法も扱うので、取得をお考えの方はご参考下さい。
在宅試験なので、気軽に挑戦できますよ
スポンサーリンク

ケアクラークとはどんな資格?

ケアクラークは、介護報酬請求などの「介護事務に必要な知識・技能」を学ぶ民間資格。

ケアクラーク技能認定試験に合格する事で、資格取得できます。
資格の認定と試験の実施は、「一般財団法人 日本医療教育財団」が行います。

試験の受験制限はなく、どなたでも受験可能
自宅に試験問題が送られる「在宅試験」です。

事務仕事

ケアクラークは、介護事務職の技能の向上と普及の為に作られた資格です。

しかし試験合格に必要なのは、事務能力だけではありません。
高齢者福祉等も学ぶ資格な為、介護事務員として高い総合能力がある事を示す資格です。

ケアクラーク試験内容の例

  • 高齢者、障害者の心理
  • 介護技術、障害形態別介護技術
  • 介護報酬請求事務 …など

事務能力に留まらない「実用的な介護事務資格」

ケアクラークの資格試験には、介護事務知識だけでは合格できません。

介護の基本技術、リハビリや一般医学など…
介護事業所の職員に必要となる、基本的な高齢者知識・技術についても問われます。

つまりケアクラーク保有者は、それらの基本知識を持った人材と評価する事が出来ます。

電話を受ける女性看護師

近年は、介護事務員も幅広い対応力が求められます。

介護現場と兼任という場合もありますし…、
昼食時には、職種問わず、資格や能力のある人は食事介助を手伝うという事もあります。

その様な職場・働き方を選ぶかは別として…、
事務仕事だけに留まらない活躍を目指せる、実用的な介護事務資格と言えるでしょう。

ケアクラークの資格保有で活躍できる職場

ケアクラーク含め、介護事務の資格はすべて民間資格です。
就職に必須ではありませんが、事務資格所持者は優遇される傾向にあります。

ケアクラーク技能検定の所持者は、老人ホームなどの介護事業所で活躍できます。

ケアクラーク取得で活躍できる職場

  • 有料老人ホームや特特別養護老人ホーム
  • グループホーム
  • 訪問介護事業所 …など

介護事務員は仕事の専門性が高く、人気のある職種です。

事務知識や技能の証明となる資格があれば、採用時にも有利になります。

雇用形態も正社員だけでなく、パート社員での募集も多く見られます。
家庭が忙しい女性の方も多く活躍されています。

先ほども述べた通り、
現場と兼任という募集もあるので、その業務範囲についてはよく確認しましょう。

初任者研修歓迎などとあると、現場兼任の可能性が高いです

ケアクラーク技能認定試験の出題範囲と受験方法

ケアクラーク技能認定試験の概要を説明します。

ケアクラーク試験(在宅)の概要

ケアクラークは、学科と実技による在宅試験です。

年6回偶数月に試験が行われます。

試験方法【在宅試験】
学科:選択式25問(50分)
実技:下記2問(60分)
  ・介護報酬請求事務(レセプト作成)
  ・介護給付費明細書作成
合格判定学科・実技試験において、各70%以上得点
試験日程年6回(4月、6月、8月、10月、12月、2月)
受験料6,700円(税込)

合格には、学科と実技でそれぞれ70%以上の得点が必要です。

受験申込方法と合格通知

ケアクラーク技能認定試験は、日本医療教育財団HPより受験申込できます。

試験の申し込み方法
公式ホームページより、「受験申込書」を取り寄せます。
必要事項を記入、受験料の支払いを済ませ、日本医療教育財団本部へ書類を郵送。
※受付期間は、試験日の2か月前~3週間前までです。

勉強する看護学生

当日の試験の受け方
試験当日の午前中指定で、自宅へ試験問題が発送されます。
試験日翌日までに、返信用封筒で試験問題・解答用紙を「発送記録の残る方法」で送付します。
※郵便局の「特定記録郵便」など

合格通知
試験日より約1か月程で結果が通知されます。
合格であれば、さらに1か月後に「技能認定合格証」が郵送されます。

試験の出題範囲

「ケアクラーク技能認定試験」の出題範囲は以下。

ケアクラークの出題内容

筆記(択一式)
全25問
  • 人間関係(コミュニケーション)
  • 老人・障害者の心理
  • 社会福祉
  • 老人福祉
  • 地域福祉
  • 社会福祉援助技術(ソーシャルワーク)
  • 介護概論
  • 介護技術・障害形態別介護技術
  • リハビリテーション
  • 医学一般
  • 介護保険制度
  • 介護事務業務
実技
全2問
  • 介護報酬請求事務
    (1)居宅サービス介護給付費明細書の作成
    (2)施設サービス等介護給付費明細書の作成

介護事務に関する内容のほか、介護全般に関わる知識も出題。

人間関係から高齢者心理、介護技術についても学ぶ必要があります。

在宅試験ですので、参考資料等を持って試験を受ける事も可能です。

ケアクラークの試験勉強方法

ケアクラークの試験勉強方法を説明します。

多くの人にとって、試験勉強方法は「介護事務講座」か「独学」の2択。

始めに言うと「ケアクラーク技能認定試験」には、公式テキストはないです。
その為、独学ではちょっと勉強しにくい資格です。

試験勉強での疑問

テキスト入手や学習効率を考えると、通信の介護事務講座を利用した方が有利かと。

ただ費用も掛かりますし、「独学で頑張りたい!」という方もいるでしょう。
…なので、今回は独学に使えそうなテキストも合わせてご紹介します。

介護事務講座で勉強する方法

まずは、介護事務講座で試験勉強する方法について。

費用はかかりますが、堅実にいくならコチラですね。
テキストなどの学習素材が豊富に入手できるのがメリット。

ポイントを説明する看護師

ご注意として、介護事務資格は他にも種類があります。
介護事務講座も目標資格がそれぞれ異なるので、ケアクラークが対象の通信講座を受講して下さい。

ケアクラークは「ニチイの介護事務講座」が対象

ケアクラーク技能認定試験には、『ニチイの介護事務講座』などが対応しています。

通信・通学コース共に用意されており、好みに合わせて選択できます。
コースにより、受講期間や費用に違いがあります。

『ニチイ介護事務講座』 コースによる受講料・期間の違い

通信コース
受講料:36,667円(税別)
受講期間:4ヵ月程度
通学コース
受講料:64,769円(税別)
受講期間:1.5ヵ月程度
※受講料は各種割引制度あり、分割対応

教材が充実
ケアクラークの広い出題範囲をカバーできるよう、教材は8冊と充実。
全国展開しているスクールなので、通学でも場所には困らないでしょう。

通学コースはPC学習ができる
通学の場合、実際にパソコンを使用した学習が可能です。
※ニチイの現場で使用してるソフトを使って学習

就職サポートについて
ニチイでは、「きゃりあネットPlus」という採用情報サイトがあります。
修了後は、こちらを利用して仕事を探す事が可能。

ニチイの別講座を受講した事がありますが、教室によくニチイの介護求人が貼ってありました。
ちょっとお高いですが、通学コースの方がよりメリットが多いと思います。

自信の担当受付校に問い合わせれば、就業の個別相談も受け付けてます。

独学で使えるテキストについて

繰り返しですが、試験勉強用の公式テキストはありません

またケアクラークは出題範囲が広く、1冊でカバーする事は難しいです。
というのも、事務以外の分野は「医療」「福祉」など幅広いため。

勉強する看護学生

なので独学の場合、介護事務に特化して学習を進めるのが無難な方法かと思います。

介護事務の学習に使えそうな書籍を探してみたので、参考程度にどうぞ。

介護報酬パーフェクトガイド

内容紹介(商品説明より)
介護報酬の算定・請求に関する全知識を、基礎から実務上の具体的なHow Toに至るまで
実務者の視点からわかりやすく解説しています。

世界一やさしい「介護事務」の仕事入門

内容紹介(商品説明より)
介護保険のしくみから、介護報酬の請求事務の基礎知識をやさしく解説。

知識ゼロからですと、独学はちょっと難易度が高め。
介護事務経験者や知識がある人向けの学習方法ですね。

ケアクラークの合格率・難易度

ケアクラークの合格率は、今のところ公式で好評はされていません。

ただ、「在宅試験で資料を持ち込めること」。
「年6回の受験チャンスがある事」を考慮すると、合格率は低くないと思いますね。

十分合格を目指せる範囲内でしょう。

チャンスは多いので、焦らず実務能力を養っていけばOKです。
後述する他の事務資格もあるので、腕試し感覚で交互に受験する方法もあります。

ケアクラークとあわせて取得検討したい資格

ケアクラークに興味がある方へ、合わせて持ちたい・検討したい資格を紹介します。

まず他の介護事務資格には、「介護事務管理士」という資格があります。
ケアクラークと比べ、介護事務スキルに特化した資格です。

チェック

試験内容も学科と実技ですが、主な出題範囲は介護事務分野。
介護事務能力の取得が目標なら、コチラですね。

ちなみに「ケアクラークが偶数月」、「介護事務管理士が奇数月」の試験です。
毎月介護事務資格の試験が受けられます

同じく事務スキル中心の資格に、介護報酬請求事務技能検定試験もあります。
取得条件は概ね同じですが、通信講座の学習が最短1ヵ月で終了できます。
 

車イスの介助

既に介護事務の経験があるのなら、介護職員初任者研修の検討もアリ。

先ほども述べましたが…、
介護事務員の業務範囲は、施設の考えによりかなり幅があります。

介護技術、コミュニケーションを学べば、介護事業所の職員として業務の幅が広がります。
現場も事務も出来る有能人材として、重宝されます。

ご自身の希望するスキル、働き方に合わせ、目標資格を選んでいきましょう。

まとめ

今回は、ケアクラークの資格取得方法についてお伝えしました。

事務能力はもちろん、介護事業所の職員に必要な幅広い知識を証明する資格ですね。

ケアクラークの資格要点

  • ケアクラーク技能検定試験に合格で取れる
  • 事務スキルを中心に幅広く出題、介護事務員としての総合力を証明できる
  • 公式テキストは無く、通信講座での勉強が無難

記事中でもお話ししましたが…、
介護事務員は、施設により業務範囲への考えが異なります。

転職活動時は、職場と自分の希望にミスマッチが無いか注意して下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました