社会福祉士の受験資格、取得までをわかりやすく解説

社会福祉士の資格取得方法 相談援助

社会福祉士」は福祉において、幅広く活躍できる国家資格です。
相談業務を中心としながら、社会福祉施設や行政機関など、特定施設にとどまらず。様々な職場で活躍する資格となっています。

資格取得の為には、受験資格などが少々複雑な仕組みとなっています。
理解が捗るよう、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

社会福祉士とは

ソーシャルワーカーとは

社会福祉士とは、身体・精神上の障害や環境的ハンデを抱える人達が、問題なく日常生活を送れるよう相談を受け、支援を行う専門家です。
「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づく、名称独占の国家資格となります。

 

ソーシャルワーカー」とも呼ばれ、困っている人から相談を受け、解決に向けたサービスを紹介するなどして、快適な日常生活に向けアドバイスするのが仕事。
高齢者や児童福祉などの狭い分野に限らず、福祉の中で幅広く活躍できる資格です。

 

他の介護・福祉系の国家資格には、「介護福祉士」などがあります。

 

社会福祉士の仕事内容

仕事内容は細かく言えば沢山あるのですが、相談業務が基本です。
職場によってその対象は異なり、高齢者や児童、失業者など、様々。

ハンデや生活に困っている方達が、自立し快適に暮らせるようサポートするのが仕事です。
例えば、以下の様なお仕事があります。

  • 利用できるサービスの情報を提供
  • サービス提供者や行政との連携業務

 

相談業務が基本ではありますが、社会福祉士の業務の幅は広く、内容は職場に大きく依存するところがあります。

例えば、「介護施設で介助に携わる」などですね。
職場選びの際は、自分の理想と不一致がないかよく確認する必要があります。

 

社会福祉士の活躍する職場

社会福祉士はその専門知識から幅広い職場で活躍しています。
社会福祉施設を主とし、社会福祉協議会、医療・行政機関などが勤務先となっています。

基本的に、福祉施設どこでも資格を活かし働くことができます。
また全国各地の「地域包括支援センター」では、”社会福祉士 その他これに準ずる者”を配置する必要があります。

 

社会福祉施設とは
高齢や障害など、生活の上で様々なサービスを必要とする人を援護するための施設。
【老人福祉施設、障害者支援施設、保護施設、児童福祉施設、など】

 

社会福祉士の受験資格

こちらが社会福祉士の受験資格を得るルート図。

 

社会福祉士 受験資格ルート

 

 

社会福祉士の受験資格を得るには、基本的に以下の要件が必要です。
必要の有無や程度は、学歴によって異なります。

社会福祉士試験の受験条件 (学歴を考慮しない場合)

  • 相談援助 実務 4年
  • 一般養成施設等 (1年以上)

 

相談援助の実務経験について

対象となる実務経験については、分野ごとに施設種類と職種が決まっています。

以下に例を挙げます。
※詳しくは社会福祉振興・試験センターをご覧ください。

児童分野 保育士、児童指導員、など
高齢者分野 介護支援専門員、生活相談員、など
障害者分野 生活支援員、ケース・ワーカー、など
その他の分野 更生施設の生活指導員、保健所の精神保健福祉相談員など
現在廃止事業の分野 知的障害者デイサービスセンターの相談員など

 

必要な経験年数は、福祉・一般問わず何年制の大学を卒業したかで決まります。

  • 4年制(実務経験不要)
  • 3年制短大(実務経験1年)
  • 2年制短大(実務経験2年)
  • 社会福祉主事養成機関卒業(実務経験2年)

高卒などこれらに該当しない場合、4年の実務経験が必要になります。

 

4年制大学を卒業した方は、福祉・一般問わず実務経験は不要です。
加え、下記の方も実務経験は問われません。

  • 福祉事務所の査察指導員等の実務経験が4年以上

 

 

養成施設について

社会福祉士の受験資格を満たすには、社会福祉士養成施設に通う必要もあります。
施設は「短期(6か月以上)」、「一般(1年以上)」の2種類。

短期養成施設に通う事が出来るのは、以下の様な方です。

  • 福祉系大学で基礎科目を履修し卒業
  • 福祉事務所の査察指導員等の実務経験が4年以上
  • 社会福祉主事養成機関を経て受験する方

 

福祉系大学で指定科目を履修した方は、養成施設に通う必要はありません。
一般大学など、上記に該当しない方は一般の養成施設に通う事になります。
社会福祉士養成施設とは?一般と短期の違いや入学条件

 

 

また養成施設に入学するには、先ほど述べた必要な実務経験を満たしている必要があります。

養成施設は通う期間が長いですが、内容のほとんどが通信学習で進める事が出来ます。
スクーリングについては、会場は少ないですが数日程度となっています。
養成施設については、以下から資料請求ができます。

社会福祉士 受験資格取得講座

 

社会福祉士の国家試験内容について

試験は年1回、2月の上旬に行われます。
試験形式は筆記試験で、5択の選択問題です。配点は、1問1点の150点満点、総時間は240分。

試験科目は次の18科目となっています。

共通科目 11科目
人体の構造と機能及び疾病
心理学理論と心理的支援
社会理論と社会システム
現代社会と福祉
地域福祉の理論と方法
福祉行財政と福祉計画
社会保障
障害者に対する支援と障害者自立支援制度
低所得者に対する支援と生活保護制度
保健医療サービス
権利擁護と成年後見制度
専門科目 7科目
社会調査の基礎
相談援助の基盤と専門職
相談援助の理論と方法
福祉サービスの組織と経営
高齢者に対する支援と介護保険制度
児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
就労支援サービス、更生保護制度

合格基準は、問題の総得点の60%程度で、上記18科目全てで得点がある事です。
総得点に関しては、難易度補正が入り、それによって上下します。

 

試験科目の免除について
共通の11科目は精神保健福祉士との共通科目です。
既に「精神保健福祉士」を持っている方は科目免除があります。
その場合、7科目67点満点の試験となります。

社会福祉士を持って精神保健福祉士を受ける場合も、同様に免除があります。
科目免除を受けた場合、試験の費用もその分安くなります。

精神保健福祉士とは?受験資格や取得方法をわかりやすく解説
精神保健福祉士は、精神に障害を抱える人を相談援助によって支え、医療・保健・福祉にまたがり広く活躍しています。 社会福祉士や介護福祉士と同じく、福祉における名称独占の国家資格です。 当記事では、受験資格から取得するまでをわかりやすく解説し...

受験方法について

受験の申し込みには、「社会福祉振興・試験センターホームページ」より「受験の手引き」を取り寄せて下さい。インターネットか郵便はがきで請求することができます。

 

「申込書」や「受験手数料振替払込受付証明書」など、必要書類を用意し、受験申込期間内に提出しましょう。
受験資格を満たした方法により、必要書類が異なるので注意して下さい。

養成施設実務経験を経ている場合、その証明書が必要です。
期間に間に合うよう、申し込み手続きは早めに進めましょう。

 

受験申込期間は、9月上旬~10月上旬が目安となっています。
※ご自身でも必ず確認してください。

申込期間前に「受験の手引き」の配布が始まるので、早めに入手しましょう。

 

試験の合格率について

社会福祉士試験について、過去の受験者と合格者の推移は次のようになっています。

 

近年の合格率は、25%~30%程を推移しています。
稀に30%を超すこともありますが、合格率はおよそ30%弱と考えてよいでしょう。
受験者は、多くが福祉大生であり、どちらかというと女性が多くなってます。

単純に考えると、4人に1人は合格しているという事になります。
決して不可能な数字ではありませんが、受験対策は必須です。

 

試験対策方法

社会福祉士の試験対策としては、大きく分け2つの方法があります。

  • 独学で勉強する
  • スクールの対策講座を受講

という方法です。

それぞれ向き不向きがあると思うので、自分に合った方法で勉強してください。

 

独学で勉強する方法

他の資格と同じく、「テキスト」「問題集」「過去問」を使い勉強します。
独学での勉強のメリット、デメリットは以下。

  • 講座費用が掛からず、自分のペースで勉強が出来る
  • 上手い時間の使い方、勉強方法の確立ができないと効率が悪い

 

他の資格勉強でもそうですが、「勉強の仕方」が分からないと効率が落ちます。
テキストや問題集をどう使うかという、自分なりの勉強方法を確立しなければ、いたずらに時間を消費してしまいます。

それさえクリアし、合格意欲を保持できれば、自分の好きに勉強を進められます。
費用も必要な参考書を購入するだけでOKです。

 

福祉関係の試験対策本としては、「中央法規」の物が評価が高いです。
社会福祉士試験においても、ベターな選択となるでしょう。

社会福祉士試験対策書 (中央法規)
※Amazonへのリンクです

 

スクールでの対策講座を受講する方法

試験対策講座にも、色んな講座が開かれており、自分に合った方法が選択できます。
講座には以下のような違いがあるので、目的に合ったものを選んでください。

  • 「通信・通学」といった受講方法
  • 「試験直前対策・長期学習」などの受講期間

 

スクールの対策講座は、独学に比べ、費用が掛かり、時間の自由が少ないです。
しかし通学や課題提出など、とりあえずの勉強目標が設定されます。

目標というのは勉強を進めるのに大切で、目標がないとどう勉強するかが分からなくなり、勉強の効率や意欲低下に繋がります。
対策講座では、「勉強法の確立」という課題が克服でき、効率よく勉強できます。

 

通学講座では、講師によるアドバイスが受けられるのも特徴。
勉強していて、「どうしても分からない」という壁に当たっても、質問する事で解決できます。合格を目指す仲間と学ぶことで、意欲アップにもつながります。

 

「社会福祉士 受験対策講座」の資料請求はこちら
社会福祉士 試験対策講座

 

他の資格を調べる
介護・福祉の資格一覧 

コメント

タイトルとURLをコピーしました