精神保健福祉士とは?受験資格や取得方法をわかりやすく解説

精神保健福祉士 取得方法 相談援助

精神保健福祉士は、精神に障害を抱える人を相談援助によって支え、医療・保健・福祉にまたがり広く活躍しています。
社会福祉士や介護福祉士と同じく、福祉における名称独占の国家資格です。

当記事では、受験資格から取得するまでをわかりやすく解説していきます。
仕事内容についても紹介しますので、精神保健福祉士に興味がある方はぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

精神保健福祉士とは

精神保健福祉士は、「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」と呼ばれる国家資格です。
精神保健の向上及び精神障害者の福祉の増進に寄与することを目的としています。
※精神保健福祉士法に基づく名称独占の資格

 

精神に障害を抱え、医療や施設を利用している方が社会復帰出来るよう、相談援助をするのが仕事です。
その為の専門的知識・技術があると認められた人に与えられる資格となっています。
受験資格を満たし、国家試験に合格する事で取得することができます。

 

社会福祉士との違い

同じく相談援助を担う存在として「社会福祉士」の国家資格があります。
精神保健福祉士とは、援助の対象が違います。

 

精神保健福祉士
精神に病気や障害を抱える人
社会福祉士
高齢者や子ども、低所得者など、社会的ハンデを抱える人全般

 

社会福祉士が社会的ハンデを抱える幅広い対象を援助するのに対し、精神保健福祉士は精神に問題を抱える人に特化して相談援助をします。
同じ福祉の国家資格として「介護福祉士」もありますが、こちらは介護現場におけるスペシャリストです。

 

精神保健福祉士の仕事と職場

精神に障害を持つ人、またその家族からの相談を受け、日常生活を支えるのが仕事です。
医療や施設の利用、生活訓練、就労支援など、より良い生活を目指しアドバイスをしていきます。
適切にサービスを受けられるよう、家族や関係機関と連絡・調整するのも仕事の1つです。

相談援助を基本としながら、職場によって詳細は違ってきます。
例えば病院なら、入退院の相談を受けたり、社会復帰のサポートなど。
就労継続支援事業なら、仕事について定着できるよう支援したりなど、業務は多岐にわたります。

 

 

職場は、精神科のある「病院」や自治体・保健所などの「行政機関」など。
その他にも、相談・就労事業所やハローワークなど、様々です。

どの職場においても、精神障害を抱える人の相談をうけ、関係機関と連絡・調整し援助をするのが主になります。

「精神保健福祉士の受験資格」を分かりやすく解説

精神保健福祉士の国家試験を受けるには、大きく2つの条件があります。
相談援助の実務経験」と「養成施設等に通う事」が必要です、詳しくは下記図をご覧ください。

 

精神保健福祉士の受験資格 ルート図

 

相談援助の実務
実務の範囲は、「精神障害者の社会復帰に関する相談援助」を主として規定されています。
詳しい該当業務については、公益財団法人社会福祉振興・試験センターをご覧ください。

社会福祉士と4年制大学を卒業した方については不要です。
3年制の短大では1年、2年制の場合は2年の経験が必要です。
その他の方は、4年の実務経験が必要です。

 

養成施設について
福祉系大学において、指定科目の履修をされた方については不要です。
基礎科目の方、社会福祉士登録者については、短期養成施設に通わなければなりません。
一般大学卒業者・そのほかの方については、長期養成施設に通う必要があります。

 

養成施設の学習内容
養成施設では、通信学習とスクーリングで卒業を目指します。
期間は長期ですが、スクーリングは期間通し7~9日程度なので安心してください。
主な学習方法は、レポート課題提出などの通信学習となります。

養成講座は、各地の福祉大学等で開講されてますが、その数は多くありません。
スクーリング日数が少ないのもあり、ある程度の妥協が必要かもしれません。

 

精神保健福祉士の国家試験の内容

精神保健福祉士の試験は、年1回、2月の上旬頃に行われます。
内容は選択式の筆記試験であり、出題範囲は全16科目となっています。

 

試験の合格基準

  • 総得点の60%程度を基準とし、難易度補正した点数以上を獲得
  • 試験科目(16科目)全てにおいて得点がある事。

 

 

出題範囲となる16科目は、共通11科目専門7科目に分けられます。
共通科目は、社会福祉士試験内容と同じものとなっています。
社会福祉士保有者は、共通科目において試験内容の免除があります。
※精神保健福祉士の資格を保有し、社会福祉士試験を受ける場合も同様

共通科目 11科目
人体の構造と機能及び疾病
心理学理論と心理的支援
社会理論と社会システム
現代社会と福祉
地域福祉の理論と方法
福祉行財政と福祉計画
社会保障
障害者に対する支援と障害者自立支援制度
低所得者に対する支援と生活保護制度
保健医療サービス
権利擁護と成年後見制度
専門科目 6科目
精神疾患とその治療
精神保健の課題と支援
精神保健福祉・相談援助の基盤
精神保健福祉の理論と相談援助の展開
精神保健福祉に関する制度とサービス
精神保健福祉に関する制度とサービス、精神障害者の生活支援システム

 

既にどちらかの資格を保有している方は、もう一方の試験が楽になります。
あわせて取得を検討したいですね。

社会福祉士の受験資格、取得までをわかりやすく解説
「社会福祉士」は福祉において、幅広く活躍できる国家資格です。 相談業務を中心としながら、社会福祉施設や行政機関など、特定施設にとどまらず。様々な職場で活躍する資格となっています。 資格取得の為には、受験資格などが少々複雑な仕組み...

試験の受験方法

受験には社会福祉振興・試験センターより、「受験の手引き」を取り寄せて下さい。
「ホームページから」か「郵便はがき」で請求することができます。

受験の申し込み期間前に、受験の手引きの配布が始まるので早めに入手しましょう。
参考までに、第22回の申し込み期間を記載しておきます。
※試験日:2月上旬、 受験申込期間:9月初旬~10月初旬、 手引き配布:7月下旬頃~

 

「実務経験証明書」など、各種必要書類を用意する必要もあります。
手間取っても大丈夫なよう、準備はお早めに。

 

試験の合格率

精神保健福祉士試験の合格率は、ほぼほぼ60%台を推移しています。
参考までに第21回の試験情報を掲載しておきます。

受験者数 6,779人
合格者数 4,251人
合格率 62.7%

参考:厚生労働省より

 

一見合格率が高い試験ですが、「福祉系大学の新卒者」や「社会福祉士保有者」といった、福祉の勉強に積極的に取り組んでいる人も多く受験しています。
養成施設での勉強のほかにも、試験対策がなければ合格は難しいでしょう。

精神保健福祉士の試験対策

試験勉強方法としては、大きく「独学」か「試験対策講座の受講」となるでしょう。
それぞれの勉強方法を比較していきます。

試験は年に1回です。
メリット・デメリットはそれぞれですので、自分に合った方法で合格を目指しましょう。

 

独学で勉強する

養成講座の通信学習と同じく、テキストと問題集を使った勉強方法が基本です。
科目別にテキストを読みつつ、問題集で対応した箇所を解いていきましょう。
全科目一通り学習を済ませたら、過去問で振り返り・腕試しという流れが一般的です。

講座受講と比べ、独学では費用・時間面で自由が利き優位にあります。
課題としては、いかに「効率よく勉強し、継続できるか」、「モチベーションが維持できるか」でしょう。
毎日の習慣に、試験勉強を上手く組み込めるかが重要です。

 

使用する試験対策書は「中央法規」のものがオススメです。
福祉関係の資格参考書では、どれにおいても高い評価がついています。
私も使用していますが、見やすく基本を押さえており、迷ったらコレという内容になってます。

精神保健福祉士 試験対策書(中央法規)
※Amazonへのリンクです

 

試験対策講座を受講する

試験対策講座は、通信や通学などスクールによって内容は様々です。
通う期間についてもそれぞれ違いますので、独学と併用しても良いですね。
受験資格となる「養成講座」を開講する、福祉系学校でも多く開かれています。

受講費用こそかかりますが、的確な勉強方法が提供され、講師のアドバイスも受けられます。
勉強をするにあたり、やる事が明確になり、聞く相手がいるというのが大きなメリットでしょう。
通学では、合格を目指す仲間や講師がいるので、勉強や資格取得後について相談できる、コミュニティができる事にも期待できます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました