老人ホームはどう探す?パンフレットや重要事項説明書の活用法

老人ホームの見つけ方 パンフレットの入手方法 介護施設の利用

老人ホームなどの介護施設を探したい時、数が多くどう見つけたらよいか困りますよね。
良い施設を見つけても、どう情報を見たら良いか分からない事もあるでしょう。

ここでは、老人ホームを探す際に気をつけたい事、資料の活用方法についてお話しします。
パンフレット重要事項説明書など、こんな資料がありますよという内容が中心になります。

スポンサーリンク

老人ホームの利用目的を明確にする

老人ホームを探す前に

老人ホームを探し始める前に、まずなぜ利用するのか明確にしておきましょう。

例えば、「ただ1人暮らしが心配」と「家族による介護が困難」では選ぶべき施設が違います。
前者では住宅型施設も選択肢に入りますが、介護が必要なら介護サービス充実して欲しいですよね。
医療ケアが必要であれば、医療体制が充実している施設でなければなりません。

第1にすべき事は、理想のサービス・暮らしを明確にし、施設形態を絞る事です。

 

特にはっきりさせておきたいのは、以下のようなポイントです

  • 介護サービスや医療の必要性
  • 利用したい地域
  • 本人の希望
  • 予算など

利用目的を明確にし、自分の施設選びの基準をはっきりさせておきましょう。
加え、面会に通える地域、予算などを考え絞り込んでいくと良いですね。
入居できる施設の一覧

本人の希望があれば、利用する本人が納得できる施設を選べるよう協力しましょう。
利用者が施設入居に納得できなければ、入居の話を進める事は難しくなります。

また家族や親族など、施設入居を含め、介護について相談できる相手を作りましょう。
介護の悩みを共有する事で、身体・精神的負担の軽減になります。

パンフレットや重要事項説明書を入手する

ホームページなどを見て、気になる施設があれば資料請求しパンフレットを入手しましょう。

その中から比較検討し、良いと思った施設があれば見学・体験入居をします。
利用したいと思ったら入居を申し込み、審査後に入居契約、というのが一般的な流れです。

パンフレットの入手は、主にホームページから入手できますが…、
その為の「申し込み込みフォーム」が無かったり、見つけにくい事があります。

色々調べて比較したいだけに効率が良くないので、後述の施設検索サイトを使うと便利です。

パンフレットに掲載される情報とは?

パンフレットにはどこまで載っている?

ホームページやパンフレットは、利用者にわかりやすく施設の魅力を伝えるものです。
具体的な内容というより、利用者に向けた広告としての役割が大きいですね。

  • 施設概要
  • アピールポイント

この様な情報が分かりやすく伝えられています。
初めての方にも取っ掛かりが良い反面、具体性に欠けるので、後述の「重要事項説明書」や施設見学も活用し情報収集に努めましょう。

重要事項説明書にある情報

パンフレットを見て気になる施設があれば、重要事項説明書も入手しましょう。
こちらは、施設についてのより具体的な情報が記載された資料です。

  • 利用料金や支払い方法
  • 職員配置や勤続年数
  • サービス内容、入居者

これらの内容について、具体的な数字が記載されています。

入居要件やその後の生活、受けられるサービスなどは、パンフレットでは曖昧になりがちです。
言葉の行き違いによるトラブルもありますので、重要事項説明書で契約内容を確認しましょう。

重要事項説明書で分かる老人ホームの良し悪し

また活字ばかりで分かりにくいかと思いますが、読み方を知れば良い施設を見分ける事が出来ます。

例えば…、職員の人数や勤続年数。
これが悪いと職員が働きにくい施設である事が伺えますよね。

  • 人手不足により満足なサービスが受けられない
  • 職員の多忙やモチベーション低下により、サービスの質が低下している

これだけでも、この様な懸念が出てきました。
想像を膨らませながら読み解くだけで、だいぶ施設の事が分かると思います。
良い介護施設を「職員の数」で見つける方法

他と比較しながら読むと内容が見えてくるので、色んな老人ホームを見てみましょう。
資料請求の際には、ぜひ同封を依頼しましょう。

入居費用も必ずチェック

資料を入手したら、入居にかかる費用についても必ずチェックしましょう。
一般的には、特養などの公的施設は安く、民間企業では高い傾向があります。

特に有料老人ホームの多くでは、入居一時金が必要になりますが…
それが安かったり不要だからと言って、費用の総額が安く済むとは限りません。

有料老人ホームは、特養などの介護保険施設に比べ、複雑な料金体系な事が多いです。

費用や支払い方式については、細かく確認するよう気をつけましょう。
こちらも重要事項説明書に詳しく記載されています。

施設検索サイトを活用する

老人ホームについて調べるには、検索してホームページを見るのも良いですが、効率が悪いです。
介護施設の検索サイト」という便利な物があるので、活用しましょう。

全国の介護施設について情報検索ができ、好みの条件で絞込検索ができます。
気になった施設について一括で資料請求ができるし、効率的に比較が出来ますね。

 

例えばこちらの「探しっくす」。
特に「有料老人ホーム」に強い検索サイトですが、他施設についても情報があります。

施設の費用や概要など情報量が多く、写真も掲載されているので分かりやすい。
特徴や医療面など、こだわり条件が沢山用意されているので、好みによる絞込がしやすいです。
全国の都道府県に対応しており、施設の掲載量も満載です。

サイトを通して、施設見学の予約を取る事も出来ますよ。
「どんな施設が良いか分からない」という方に向け、アドバイザーによる相談サービスもあります。
本人の状態や費用など、条件や希望を伝える事で施設探しを手伝ってくれます。

気になる施設は見学に行く

パンフレットなどの資料を見て、利用を検討したい施設があったら見学に行きましょう。
施設見学は、電話連絡で予約するのが一般的ですが、上記の検索サイト等でも予約が出来ます。

その際は、事前に入手した資料を見て、聞きたい事や確認したい事をまとめてきましょう。
見学時にチェックしておきたいポイントは、以下を参考ください。

介護施設の見学チェックポイントを解説!見学方法やお勧め時間も紹介
介護施設の見学申し込み方法やチェックすべきポイントを解説します。職員や利用者、施設環境など、施設の良し悪しを判断するポイントを介護職目線で紹介。

施設見学は、本人でなくても良いので、なるべく家族と行きましょう。
1人で行くより、多くの気づきが得られるはずです。

施設ホームページにも情報がある

ここまでパンフレットや資料の話が中心でしたが、施設ホームページにも有益な情報があります。
施設情報はもちろん、見学予約や資料請求など、疑問や問い合わせも受け付けています。

また老人ホームによっては、施設職員によるブログでによる情報発信が盛んな事があります
施設ブログでは、よく以下の様な情報が掲載されます。

  • 季節イベントの様子
  • 普段の生活など
  • その他お知らせ

特にみたい部分は掲載写真
施設内の写真は、パンフレットや施設HP、施設情報サイト等で公開されてますが…
オープン当初の写真が使用されている事が多く、なかなか今の姿を知る事が出来ません。

 

ですが施設ブログであれば、”施設の今”が写真付きで分かる可能性があります。

  • 施設内はまだキレイか
  • 職員や入居者はどんな様子か

本来は見学しないと知り得ない様な内容を、垣間見る事が出来るかもしれません。

ちなみに入居時には、「ホームページ等で写真掲載可能か?」という確認書類があります

掲載写真と現在の様子が違う可能性があるというのも、施設見学が必要な理由の1つ。
色んな情報源や自分の足を使って、良い介護施設を見つけていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました