良い介護施設の条件は「職員の数」が多い事 その探し方

良い介護施設を職員数で見つける方法 介護施設の利用

大切な親や家族を預ける介護施設、少しでも良いところを選びたいですよね。
良い介護施設を探すにあたり、何か良い判断基準はないものでしょうか?

 

良い施設の条件として、「職員の人数がいる」という事があります。

これは有料老人ホームなど、多くの施設にある重要事項説明書で確認できます。
事前に知る事は不可能ではない数字なので、ここにも注目して施設を選びに活かしてください。

介護施設の現状をお伝えしつつ、その根拠・重要性をお伝えしましょう。

 

スポンサーリンク

介護施設の職員配置と現状

良い介護施設には、なぜ職員数が必要なのか。
まずは、その配置基準と共に多くの介護施設の現状をお伝えしましょう。

 

介護施設の人員配置「3:1」とは

介護施設の人員配置に「3:1」という言葉がよく出てきます。
これは入居者3人に対し、職員(介護士・看護師)を1人以上配置する必要があるという意味です。

ここでいう職員とは「職員の総数」である事、常に3:1で職員が置かれているわけではありません。
入居の介護施設では、24時間のシフト制で職員が勤務し、休日もあります。
一方で入居者は、24時間そこで生活していますので、最低限の人員配置では職員が不足し、十分なサービスを提供する事が出来ないのです。

介護施設に馴染みのない方は、誤解しやすいので注意しましょう。

 

職員がいないと、日中でも「入居者10人に対し、介護職員が1人」という事も珍しくないです。
特に夜間帯は人員配置が薄くなります。
ユニット型特養を例にすると、夜間帯は20人を介護職員1人で対応する所が多いです。

法令遵守のみでは、十分な人数体制とは言えません。

 

多くの介護施設における現状

介護はマンパワー」と言いますが、全く持ってその通りで、職員が少ないと出来る事が限られます。
職員の方で何かしたいという思いがあっても、実際は食事・排泄・入浴など、最低限の事しかする事が出来ないのです。

 

例えば、1ユニット10人の入居者を「早番・遅番」の2人で対応するとしましょう。
始めに言ってしまうと、この2人が一緒にフロアを見られる時間はわずかです。

おそらく午前中はどちらかが入浴介助に入り、午後の2時間は交換で休憩に入ります。
そうしているうちに早番の勤務時間が終わるので、午後のわずかな時間のみです。

つまり、フロアで多くの入居者に対応している職員は実質1人です。

 

これが多くの介護施設の現状です。
食事や排泄、離床・臥床に追われ、入居者様の爪切りをする余裕すらない事も珍しくありません。
多人数を職員全体で対応する所謂「従来型」の施設でも、感覚としてはあまり変わらないんじゃないでしょうか?

職員の数だけで施設のすべてを評価する事はできません。
しかし、良い介護施設の条件として「入居者に対しての職員数」は決して無視できない数値です。

職員の勤続年数も重要

職員の総数と同時に「職員の勤続年数」にも注目しましょう。
これも施設の重要事項説明書で確認が出来ます。

職員の勤続年数が短い施設では、「人手不足⇒労働環境の悪化⇒離職」という悪循環に陥っている可能性があり、質の良い介護サービスも期待できないでしょう。
たとえ高い志をもった職員でも、こうした環境では能力を発揮する事は難しいです。

 

一方で、職員が潤っている施設では、限られた運営費を求人広告にさく事なく、給与や資格取得など、職員の満足度を高める為に使用できます。
介護士の労働環境への配慮は「介護職員処遇改善」にも関わるので、そうした手当を多く職員へ分配できるので、さらに職員の満足度は高まります。

参考:介護職員処遇改善手当とは

 

当然職員も「良い職場だ」と集まり、人手不足問題を克服し、質の良いサービスを提供できます。
介護施設はこうした好循環をもった施設と、そうでない施設で極端に分かれてるように思います。
職員にとって良い施設は、入居者にとっても良い施設」なんて言葉がありますが、こうしたところからきています。

介護士の不足は皆さんの知る所ですし、後者の施設が多いのですが、優良施設は確実にあります。
こんな現状だからこそ、介護施設の質にこだわり、厳しい目で選んでいただきたいです。

良い介護施設はどれだけ職員がいるの?

良い介護施設には職員数が必須と話してきましたが、どれだけいれば十分と言えるのでしょうか?

「高齢者施設ガイド」という本では、優良施設について

総職員数が入居者数の80%以上」という共通点が見つかった。

参考:安心・快適 高齢者施設ガイド2019(日本経済新聞出版社)より

という事が書かれています。

総職員とは、介護職以外にも事務や掃除などを含めた、すべての職員の数との事です。
これは1つの評価に過ぎず、これが全てとは言いません。
妥協しないのなら、1つの評価基準としてみてもよいでしょう。

 

介護を支える職員は介護士だけではありません
ケアマネや看護師はもちろん、事務員や掃除職員も施設サービスを支える大切な人材です。

 

高齢者施設ガイド
全国の質の高い介護施設を厳選し紹介しています。
満足できる施設の探し方についても書かれているので、参考までに。

安心・快適 高齢者施設ガイド2019 (日経ムック)

新品価格
¥1,000から
(2019/7/7 11:03時点)

 

職員数を知る方法は

介護施設の職員数は、施設が発行する「重要事項説明書」で知ることが出来ます。
ホームページなどで公開されている事もありますが、そうでない場合も多く、最新のものでない可能性もあるので、資料請求して最新のものを取り寄せた方が間違いないでしょう。

 

重要事項説明書は、施設の種類や都道府県等でフォームが異なりますが、いずれにしても施設の詳細情報が記載されています。
職員に関しては、職種別の人数や勤続年数、常勤・非常勤などのデータが記載されています。

他には、入居者の男女別の数や平均年齢、入居率なども記載されています。
利用料金の支払い方法や費用など、契約にあたり大事な事も書かれているので、注意しましょう。

 

施設を探すには、「介護施設検索サイト」を使うと効率が良いです。
地域や費用などで絞込ができ、一括の資料請求が出来ます。

探しっくす

施設見学にも必ず行きましょう

良い介護施設を見つけたら、必ず施設見学にも行きましょう。
施設へ電話連絡などをして、予約を取り付けることが出来ます。

どうしても資料で分かる事には限界があるので、実際に自分の目で確かめる事が大切です。
可能であれば、本人や・家族と一緒に見に行くことをオススメします。
施設見学でみるべきポイントについては、以下の記事にまとめました。

参考:施設見学の申し込み方と見るべきポイント 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました