ウェルフェア・コンシェルジュ検定試験で介護接遇を学ぼう

ウェルフェアコンシェルジュとは 介護士

介護士に必要な能力は、介護技術だけではありません。
要介護者やその家族に対する、コミュニケーション能力も重要です。

確かな介護技術を持っていたとしても、ふとした誤解で苦情を受ける事もあるのです。

特にご家族の場合、短い面会時間での「介護士の態度」がサービスの安心感を決定づけます。

忘れがちですが、「接客スキル(接遇)」も介護の現場では必須能力です。

今回は、介護における接遇力を伸ばす資格、「ウェルフェアコンシェルジュ」をご紹介します。
資格の概要や取得方法、試験情報について解説しましょう。

スポンサーリンク

ウェルフェア・コンシェルジュとは

ウェルフェア・コンシェルジュは、「心の通う質の高いサービス提供」を目標とした検定試験です。

試験は技能認定振興協会が主催し、現在は初級の検定試験が行われています。

ウェルフェアコンシェルジュは、平成29年に第1回試験が行われた新しい資格。

試験では、以下の様な内容について評価がされます。

  • 接遇力
  • コミュニケーション能力
  • 高齢者や障害に対する知識
ウェルフェアとは、「福祉事業」や「繁栄・幸福」。
コンシェルジュとは、「ホテルでお客の要望に応える接客係」を指します。
当資格は、介護・福祉での接遇を重点を置き、満足できるサービス提供しようという事ですね。

介護士になぜ接遇が必要か

当資格は民間の検定資格です。
「初任者研修」や「介護福祉士」等の知名度の高いものと比べ、大きな評価を得る事は難しいです。

…なので、「介護士に接遇力が何故必要か」という話をしましょう。

まず介護職は、一般的なビジネスマナーを学ぶ機会に乏しいです。
新卒の職員であっても、マナー研修の参加機会は少なく、「初任者研修」でOKという風潮です。

これらでは「高齢者への理解」や「介護技術」が学べますが、相手はお客であるという意識づけや接客技術については不十分と言えます。

新卒の時に一度だけ接遇研修を受けましたが…。
ひたすら大声を出させられるという、介護現場への理解がない内容でした。
内容ある指導を受けられる機会は少なく、接遇については自ら動き学ばねばなりません。

色々な職員と関わってきましたが、利用者や家族への態度で評価を落とす方は多いです。
特に介護度の高い施設では、言葉で意思表示できる入居者様ばかりではありません。
「入居者はお客」という意識が薄れ、ご家族からクレームが入る事もしばしばあります。

「職員への拒否」という形で意思表示をする入居者様もいます。

 

また有料老人ホーム等、幅広い方が利用される施設もあります。
しっかりされている方も多く入居されるので、一層接客の質が重要になってきます。
利用者様の自宅に伺う、訪問介護などもそうですね。

検定試験を受けるという事も含め、「自分は大丈夫かな?」と考える意識が大切ですね。
相手に気分良くサービスを受けてもらう事で、仕事のしやすさや自分を守る事にも繋がります

 

試験について

「ウェルフェア・コンシェルジュ初級」は、検定試験に合格する事で取得できます。
受験制限はなく誰でも受けられ、講座などの受講も必要ありません。

検定試験は、自宅に試験問題が届き提出する「在宅試験」となっています。
試験日は、「1月・5月・9月」の年3回
試験問題はその月の第4土曜日に届くよう発送されます。

受験の申し込み方法と費用

受験申込は、技能認定振興協会より2つの方法で申し込めます。
受験料は、4400円(税込み)です。

インターネットで申し込む
ホームページの入力フォームから必要事項を入力し送信。
受講料の支払いで申し込みが完了し、試験問題が発送されます。
受験料の支払方法は、「クレジット」か「コンビニ決済・他」から選択。

申込書送付で申し込む
ホームページより、受験要領・申請書を印刷し記入。
指定口座へ受験料を振込み、控えのコピーを申請書裏面にのり付けし発送。
申込書の受付・入金確認後、試験問題が発送されます。

 

試験内容と合格通知

試験は選択式の学科試験、85%以上の得点で合格です。
公式では、合格率は「85%位」と発表しています。

以下が出題範囲です。

  • 介護における顧客満足とは
  • 求められるサービスの質
  • 尊厳の保持と自立支援
  • 接遇・コミュニケーションの基本技術
  • 高齢者・障害者の理解

試験結果は、試験後1ヵ月以内に文書にて通知。
合格者には、認定合格証が交付されます。

 

試験勉強法と対策

まだ新しい資格だからか、問題集や公式テキストという物は無いみたいです。
公式でも学習方法については、以下の通信講座を推奨してます。

「㈱ソラスト」で試験対策講座があるので、どうしても合格したいなら受講しましょう。
こちらは通信学習となっており、受講料は割引なしで16,200円(税込)。
標準学習期間は1.5ヶ月、6ヶ月在籍可能という講座です。

当資格を取得検討をしているという方は、接客能力を高めたいという事ですよね。

取得にこだわらないのであれば、検定試験は腕試しの場とする考え方もあります。

資格対策本がなくとも、介護における接遇を学べる本は沢山あります。
私からオススメの1冊を紹介し、記事の締めとしましょう。

介護職のための接遇マナーガイドブック

介護職のための接遇マナーガイドブック

中古価格
¥1,216から
(2019/7/17 17:14時点)

主に施設介護についての話が中心となっています。
イラスト付きで内容を分かりやすく掘り下げており、読みやすいです。
一般的なマナーに加え、介護ならではの内容にもきちんと触れています。

著者は、CAと介護士という経歴の持ち主。
介護現場の接遇マナー講師としても活躍されています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました