柔らかい介護食が作れるオススメ調理家電・器具まとめ【ミキサー・電気圧力鍋】

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

介護食作りに役立つオススメ調理家電家族の介護

高齢になると嚙む力や飲む力が衰え、普通の食事が難しくなってきます。

そんな時に必要とされるのが、ソフト食やペースト食等の「介護食」。
柔らかく食べやすいのが魅力ですが、その調理には手間や工夫も必要です。

今回はそんな「介護食を作る時に役立つ、オススメ調理器具・家電」をまとめました。

ミキサーやフードプロセッサー、食材を柔らかくする電気圧力鍋など…
介護食に注目したオススメ調理家電をご紹介します。
スポンサーリンク

介護食作りに役立つオススメ調理家電

案内イメージ

ミキサー食のイメージが強い介護食ですが、他にも様々な調理家電が役立ちます。

例えば「柔らかい食事作り」を考えると、下記の様なモノも活用できます。

  • 電気圧力鍋
  • フードプロセッサー
  • 万能調理器

ユニークな物だと、介護食向けに作られたキッチン家電もあります。
各種類からそれぞれオススメ商品を紹介していきますね。

ワンダーシェフ「やわらかさん(電気圧力鍋)」

こちらは介護食の調理を意識した電気圧力鍋。
火を使わず、食材を短時間で柔らかく仕上げてくれます。

ワンダーシェフ「やわらかさん」

希望小売価格23,100(税込)円
サイズ【外寸】幅30.5 × 奥行30 × 高さ28 cm
容量3.0L (水容量 約2.0L)
白米=約2~4合
重量約3.6kg
特徴
  • 介護食レシピブック付き
  • 分かりやすいダイヤルで簡単設定

柔らかい煮込み料理やお粥など、電気圧力鍋は介護食でも活躍の機会が多いです。
介護食のレシピも付属してるのも、嬉しいポイント。

ダイヤルや表示も大きく、高齢者がご自身で調理する際も分かりやすいですね。

火も使わず安全機能も充実してるので、その点でも安心して使えます。

ギフモ「デリソフター」

デリソフターとは、見た目そのままに食事を柔らかくする調理家電

「嚥下障がいや要介護にある方でも、家族と同じ物が食べられれば」と開発されました。
NHKなど各種メディアでも紹介されている話題の商品ですね。

ギフモ「デリソフター」

希望小売価格59,400(税込)円
サイズ【外寸】幅29.0 × 奥行37.5 × 高さ27.9cm
重量約8kg
特徴
  • ミキサー食相当は非対応
  • 食事を柔らかくする調理鍋
  • 専用カッター、アドバイスブック付き

料理の見た目はそのままに、「やわらか食」を作ることが出来ます。

デリソフターの使い方は、下記の通り簡単です。

  1. 付属のデリカッターを押し当て、隠し包丁を入れる
  2. 調理皿に乗せ、内鍋にセット
  3. 調理モードを選択し、調理開始を押す

見た目は電気圧力鍋のような形ですね。

公式サイトの紹介では、ブロッコリーや唐揚げ等も数値上でかなり柔らかくなってます。
ただ「れんこん」「ごぼう」等、柔らかくできない食品もあるので注意。

デリソフターの購入方法

仕事でスマホを持つ女性

デリソフターは、Amazonや楽天市場などでは販売されてません。

購入は、下記の公式オンラインショップで対応しています。
やわらか食調理家電「デリソフター」

ただ価格は税込59,400円と、少々お高め。
デリソフターはレンタルも可能で、「DMMいろいろレンタル」で対応してます。

2週間5,000円でレンタルできるので、まずはお試し使用もいかがでしょう?

山本電機「クックマスター 旬彩(万能調理器)」

こちらのクックマスターは、「ミキサー×電気鍋」という万能スープメーカー。
これ1台で煮物からポタージュまで作れる万能調理器です。

山本電機「クックマスター 旬彩」

希望小売価格44,800(税込)円
サイズ【外寸】幅25.2 × 奥行21.4 ×高さ30cm
容量800ml
重量約3.5kg
特徴
  • 煮込み、ポタージュ、お粥など
    8つの調理モードを選べる
  • レシピブック付き

お肉や野菜の煮物はもちろん、お粥やコーンスープも作れます。

電気鍋にミキサー刃をセットした商品なので、粒のないポタージュ状のスープも作れます。
調理モードを変更すれば、食材をじっくり柔らかくも煮込めます。

そこそこコンパクトで、あまり場所を取らないのも◎。

介護食とかなり相性の良い調理家電ですね。
万能調理家電として、その他用途でも活躍できます。

パナソニック「フードプロセッサー MK-K82」

フードプロセッサーは、食材を「細かく刻む」「混ぜる」といった下準備にオススメ。
今回は、口コミ評価の高いパナソニックの商品を紹介。

パナソニック「フードプロセッサーMK-K82」

参考価格
※Amazonより
約13,000円
サイズ【外寸】幅23.4 × 奥行15.8 × 高さ20.9cm
容量
(調理1回の最大量)
ハンバーグのたね(500g)
たまねぎのみじんぎり(300g)
重量約2.7kg
特徴
  • 4種類のカッターを使用可
  • 刻む・すりつぶす・混ぜる・おろす
    スライス、千切り等が可能

4種類のカッターがあり、用途により使い分けが可能。
「刻む」「混ぜる」「おろす」「千切り」など、持てる役割の多いフードプロセッサーです。

介護食レシピを見てると、フードプロセッサーを使う場面もは多め。
1台持っておくと何かと便利ですね。

こちらは上位機種にあたり、カッター種類の少ない安いモデルもあります。
後からカッターを買い足す事も出来るので、予算や欲しい機能で選ぶ事もできます。

「コンパクトモデル」のフードプロセッサーも

フードプロセッサーには、コンパクトな商品もあります。
「小型で安いモデルが欲しい」という時は、下記商品もオススメ。

アイリスプラザ「フードプロセッサー PEFC-600」

幅・奥行共に約12cmで、容量は400ml。
カッターは4枚刃。

価格は約2,300円程度と、かなりお安くなってます。

初めて購入する方にもオススメです。

TIGER「ミキサー SKR-W400」

「ミキサー食」という言葉があるように、介護食にはミキサーで作る食事も存在します。
介護食向けのミキサーならば、より細かく刻めるタイプを選ぶと良いでしょう。

TIGER「ミキサー SKR-W400」

参考価格
※Amazonより
約6,600円
サイズ【外寸】幅11.9 × 奥行14.1 × 高さ32.9cm
容量0.4L
重量約1.4kg
特徴
  • 固い物や繊維に強い2種のギザ刃
  • 静音設計
  • コードリール付き

こちらは2種のギザ刃を計4枚使用し、固い物や繊維質に強いミキサー
氷粉砕できるハイパワーモデルです。

ミキサー刃にも種類があり、より細かく刻める「ギザ刃」は高齢者の食事向けによく推奨される

静音でコードリール対応など、使い勝手にも優れた商品ですね。
介護食の調理にあたり、持っておきたい器具の1つ。

パナソニック「ハンドブレンダー MX-S302」

混ぜる料理

ハンドブレンダーは、手に持って使うキッチン家電。
潰したり混ぜたり等、ミキサーの様な操作を鍋やボウルの中で行えます。

そんなハンドブレンダーから、多機能タイプのオススメを紹介。

パナソニック「ハンドブレンダー MX-S302」

参考価格
※Amazonより
78,00円
サイズ【外寸】 幅6.4 × 奥行7.1 × 高さ41.0cm
※ブレンダーアタッチメント使用時
スピード制御可変式
重量約3.6kg
アタッチメント
  • ブレンダー(潰す、混ぜる)
  • チョッパー(刻む)
  • 泡だて器(泡立て)

「刻む」「潰す」など、3つのアタッチメントで4つの役割を持てるハンドブレンダー

食事の下準備からペースト状まで、コンパクトながら多彩な調理が出来ます。

手に持つハンドブレンダーは、誤操作の危険も気になる商品です。
その点こちらは、ロック解除ボタンを押しながらでないと運転しません。

スピード調整も可能ですし、多機能かつ安全なキッチン家電としてオススメ。

介護用の食事ハサミ

キッチンハサミ

介護現場での食事では、キッチン(食事)ハサミも活躍します。

調理中はもちろん、食事中に食べにくい物を切る使い方も可能です。
食事中に食べにくさに気付く事は多く、さっと使える食事ハサミは便利。

荒め刻み食も作れますし、持っておくと何かと便利なグッズです。

高齢者介護に向いた物を探したところ、下記商品を見つけたので紹介します。

下村工業「かるラク 食べやすい食事ハサミ」

カーブがある為、「食事をしながらでも無理ない角度で切れる」という商品。

調理というより、食事用のハサミですね。
「高齢の親の為に購入」「よく切れるので親が自分で切ってる」、等の口コミが見られました。

介護食のおすすめレシピ本

関連情報として、介護食のレシピ本もご紹介します。

「どんな場面で何が必要か」を知っておくと、調理家電も選びやすくなります。
作りたいレシピから調理家電を選ぶもOK、上手な使い方の発見にも繋がると思いますよ。

ベッドテーブルイメージ

かむ・飲み込むが難しい人のごはん

こちらは専門家による書籍で、「介護食レシピ本の定番」とも言える商品ですね。

分類上では、「ミキサー・ペースト食」~「軟飯」といった程度の内容に対応。
UDF区分でいうと、「嚙まなくて良い」~「舌・歯ぐきでつぶせる」ぐらいの柔らかさです。

見た目や美味しさにもこだわっており、読めば介護食のイメージも変わりますよ。

解説イメージ

家庭でできる 高齢者ソフト食レシピ

こちらは介護食の中でも、ソフト食を中心としたレシピ本です。
レシピも分かりやすく、介護施設の利用者に協力を得て作成されました。

ソフト食とは、舌や歯ぐきで潰せるぐらい柔らかい食事です。

ミキサーやムース食とは違い、しっかりと食材の形があるのが特徴。
見た目も普通の食事とあまり変わりません。

普通食より食べやすく、ミキサー食等よりは咀嚼・嚥下力が必要なイメージですね。
「普通の食事では少し食べにくい事がある」という方向けの食事です。

その他「介護と食事の関連情報」

〇マークイメージ

さいごに「介護と食事の関連情報」をご紹介します。

介護食や食事に関する介護用品には、下記の様なモノがあります。

  • スプーンや皿などの介護食器
  • 食事用のエプロン
  • レトルトの介護食品

食事介助イメージ1

高齢になり介護が必要になると、時に「食事を口に運ぶ」という事も難しくなります。

箸での食事が難しくなるし、介護食の形状もスプーンの方が食べやすい物が多め。
介護用スプーンは「すくいやすさ」「軽さ」に配慮されており、高齢者の自立を助けます。

介護用スプーンのおすすめ種類と選び方

その他にも、フードガードで食事をすくいやすい介護皿。
滑り止め付きのトレーやランチョンマットなど、食事を快適にする介護用食器は沢山あります。

介護用食器の種類とオススメ商品を紹介【高齢者向け食器の選び方】
高齢者介護や手の不自由な方向けの介護用食器を解説。お椀やスプーン、コップなど、目的や機能に応じた種類やオススメ商品を紹介します。介護用食器の種類から選び方まで、幅広く解説します。

女性訪問介護員の食事介助

食事の食べこぼしには、食事用エプロンが便利です。

撥水加工で水にも強く、選択すれば繰り返し利用も可能。
衣服を守れるので、介護負担を減らしつつ安心して食事を楽しめます。

介護用食事エプロンのおすすめ種類と選び方

管理栄養士の食事指導

またレトルトの介護食品も存在します。

例えば、「キューピー やさしい献立」「アサヒ バランス献立」等が有名ですね。
おかずの種類も豊富ですし、食事の柔らかさも分かりやすく表示されています。

さらには介護食に対応した宅食サービスもあります。
介護食は私達が思う以上に、身近な物になってきていますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました