介護職はパソコンが苦手でも大丈夫?必要スキルや記録業務などを解説

仕事内容

パソコンやスマホが普及した現代、仕事でこれらと無縁でいる事も難しくなりました。
介護業界でも、介護ソフトによる記録、介護機器の管理など、多く活用されてます。

介護職に就きたいけど、パソコンが苦手意識がある。
そんな方の為に「介護職のパソコン業務と必要スキル」を解説します。

主に介護士向けの内容になりますが、良かったらご参考下さい。

スポンサーリンク

介護職はパソコンが苦手でも大丈夫

介護の仕事ではパソコンは使用しますが、特に難しい事はしません。

文字や数字の入力など、簡単なスキルがあれば大丈夫です。
スマホやパソコンの検索等でこのページに到達できる能力があれば十分ですよ。

順を追って説明しますが、介護職のパソコン業務は「文章力」の方が大切です。

キーボード入力が出来ればOK

介護で必要なパソコンスキルは、「キーボード入力」程度が出来れば大丈夫です。
記録や書類作成も、現在はパソコン入力が中心です。

あえて言えば、ワードやエクセルを触った事があれば特に問題ないです。
これもまた難しい知識は必要ありません。

記録業務

現場の介護士であれば、介護記録を中心に使用。
相談職などはもうちょっと使用機会が多くなるかも、という感じですね。

何にせよ、パソコン操作は文字入力が主なので難しい操作はありません。

「マニュアル」や「手書きOK」など苦手な人への配慮も

介護では色々な年代の人が働いており、パソコン等の機械操作が苦手な人も多くいます。
その為マニュアルを用意し、操作を分かりやすく示してる職場も増えてきてます。

私の以前の職場でも、画像付きのマニュアルが用意されていました。

記録書類なども、全てがパソコン作成というワケではありません。
パソコン入力が必須なのは一部のみで、他は手書きも可としてる職場も沢山あります。

介護でパソコンを使う業務とは

介護職がパソコンを使う場面は、主に記録の入力が中心です。

介護士のパソコン業務を例にご紹介しましょう。

介護士のパソコン業務例

  • 介護・業務記録などの入力
  • 介護機器の使用・管理
  • シフト作成
  • 写真の取り込み・書類の印刷

これらのうち、必須なのは「記録の入力」のみ。
他は、出来れば尚良い位の感覚でOKです。

勉強する看護学生

記録の入力というのは、「利用者様の情報」「各報告書」などの事ですね。
業務日誌なんかは、手書きの職場が多いと思います。

せっかくなので、1つずつ解説していきましょう。

介護記録の入力

介護記録というのは、利用者様の生活記録の事ですね。

利用者様の食事や水分、バイタル数値や入浴等の情報です。
または生活様子や特変時の様子なども文章入力します。

女性訪問介護員の食事介助

介護現場では、これらの記録を毎日つけています。
文字や数字の入力、チェックを入れるという作業をします。

受診やご家族とのやり取りなども、記録として入力したりしますね。

他の作成物には、業務日誌や事故報告書などもあります。

日誌などは手書きで済ます場合も多くあります。
パソコン入力必須なのは一部とし、他は楽な方を選べる形の職場が大抵かと思います。

入力方法は、後述する介護ソフトが中心になります。
一部の書類などは、エクセルで専用の書式が作られ、そこに入力する事もあります。

介護ソフトとは

介護記録の入力には、介護ソフトという物を使用します。
これは情報を見やすくし、入力を楽にするなど、介護現場の情報管理を楽にするためのソフトです。

介護士でパソコンが苦手な方は、この介護ソフトが難しく感じる人が多い様子です。

ポイントを説明する看護師

介護ソフトは種類により使い方が違うので、詳しい説明は出来ませんが…。
基本的に仕事を楽にする為のソフトなので、覚えてしまえば簡単です。

決まった場所をクリックし、文字や数字を入力するだけです。
「介護ソフトの入力マニュアル」を用意している職場も多いですよ。

介護ソフトの記録業務を円滑にするため、タブレットを導入する職場も増えてきてます。
※入力場所が限られ、多くの人が使えない等の理由

介護機器の管理

近年は介護機器の導入も進んでおり、その使用や管理にパソコンを利用する事があります。

設定などは業者が行い、こちらでは難しい操作は無いのでご安心ください。

事務仕事

例えば、「眠りスキャン」という介護機器があります。
これはベッドの下に専用のマットを敷く事で、利用者の覚醒状況や呼吸などの情報が分かる機械。

この情報をパソコンやスマホで知る事が出来ます。
動作や状態変化があれば、設定に応じ音声でも知らせてくれます。

基本的には、「見る」「聞く」だけですので簡単ですよ。
介護現場では、こんな形でもパソコンを活用しています。

シフトの作成

リーダーや管理職等の立場になると、シフト作成を行う機会が出てきます。
介護現場では、1ヵ月ごとに職員の勤務表を作成していますね。

シフト作成には、基本的にエクセルが使われる事が多いです。

大抵の場合は書式が出来上がっているので、クリックのみで作成可能です。
職員毎に1日ずつ、シフトを選べばOKです。

介護職員の不足もあるので、スケジュール調整の方が難しいですね(笑)
別の意味で難しい業務です。

写真編集やブログ記事作成【覚えなくてもOK】

ここの内容は気にしなくて良いので、おまけとして聞いて下さい。

写真・イラスト編集ブログに強いと、活躍の場が広まる可能性があります。

介護でパソコンスキルが活きる場面

  • 施設ブログを執筆
  • 施設イベントの広告を作成
  • 写真を華やかに編集して提示

OKサイン

施設ブログを運営している職場では、もしかしたら執筆を任される可能性もあります。

またレクやイベントの写真撮影や提示を介護職員が担う機会も多く、その辺りの知識があると活躍できるかもしれません。

大抵の場合、これらは好きな人が積極的に行ってる印象ですね。
パソコンが苦手な人がわざわざ覚える事もないでしょう。

介護ではパソコンスキルより「文章力」が大事

色々とご紹介しましたが、介護職に難しいパソコンスキルは必要ないです。
パソコン業務では、それよりも文章力が重要です。

もっと言えば観察力ですね。
生活の様子や体調など、色々な事に気付き、それを文章にする力を養いましょう。

こんな能力が大切

  • 今日の様子はいつもと比べてどうか?
  • 転倒など、事故時の情報
  • 体調不良時の様子や対応
  • ご家族からの連絡や対応

これらを分かりやすく簡潔に、必要な情報を書き出す能力が大切です。

パソコン疲れ

介護士の話になりますが…、
記録業務に時間がかかる場合、これらの文章が思いつかないという事が多いですね。

もし自信が無かったら、この機会に学習してみて下さい。

介護職であれば、パソコンが苦手でも何とかなる仕事ですので大丈夫です。
ただ介護事務の場合、パソコン業務が主なのでこの限りではないかと思います。

下記の様な業務も、パソコン記録や文章力に関わる仕事です。
良かったらご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました