介護職向けおすすめ仕事靴を特集!安全で疲れないシューズから入浴靴まで

介護職の靴選びのポイント介護士用品

介護職として働く場合、仕事でどんな靴を履くべきかご存知でしょうか?

特に介護士は身体介護が多く、安全や働きやすさに関わります。
介護シューズやケアシューズと呼ばれるモノがあるので、ご紹介します。

今回は、介護職にオススメの靴について情報をお届けします。
色やデザインの靴選びポイント、避けるべき靴や入浴介助まで、介護の仕事靴を解説!
スポンサーリンク

介護職に適した靴選びのポイント

案内をする介護士

介護職、特に介護士は仕事用の靴選びが大切です。

靴選びの視点で介護現場を見ると、下記の様な特徴があります。

靴で見る介護職の仕事

  • 歩く事が多い
  • 汚れることが多い
  • 相手を抱える機会も多い
  • 着脱の機会がある

結論から言うと、履き心地が良く安全性の高い靴を選んで下さい。

定番の形は、スニーカーですね。
紐がないタイプが個人的にはオススメです。

汚れが落ちやすく、耐久性が高ければより理想的です。

靴とスリッパ

サンダルやクロックス、踵やつま先が隠れない靴はNGです

色の指定については、介護ウェアほど厳しくは言われません。
あえて言うなら、白系や薄めの色が無難です。

着脱の機会もありますが、極端に着脱に時間がかからなければOK。

ナースリーでも介護士用品が揃っているので、介護シューズ購入にもオススメ。

介護士は安全で疲れない靴を履こう

靴を中心に、介護士の仕事を見ていきます。

まずは、歩く距離が多く汚しやすいという事。

介護士の仕事は、介助と移動の繰り返しで、立ち仕事がメインです。
大規模施設や夜間の巡視などがある場合、歩行距離も長くなります。

食事や排泄介助では、靴を汚す機会も多くなります。

介助イメージ

ベッドやトイレなど、相手を抱える移乗時の安全性にも注目。
こんな危険が潜んでいます

移乗介助の危険

  • 足を踏まれる
  • 靴紐が引っ掛かる

痛みによるケガに加え、それによって相手を危険にさらしてしまう可能性もあります。

靴紐を避けたり、紐をほどけにくくする。
つま先を中心が安全性が高い靴を選ぶなど…。

事故防止の視点で、靴の安全性をチェックし選ぶのがお勧め。

紐靴やスニーカーはOKですが、ヒールがある靴はNGです

靴色の選び方

疑問のある介護職員

靴色を指定している職場は、あまりありません。

もし職場にルールがあればそれに従ってください。

冒頭でも述べましたが、白系薄い色が無難です。
暗めの色もOKですが、真っ黒なんかは浮く可能性がありますね。

デザインも含め、目立ちすぎずシンプルな靴を選ぶと良いです。
後述のオススメシューズも参考にしてみて下さい。

介護職向けのおすすめシューズ

介護職向けのお勧めシューズをご紹介します。

今回は、介護士用品も多く扱うナースリーの商品を紹介。
男女兼用の靴を選んだので、どなたでもお使いいただけます。

それではどうぞ!

ナースシューズ パーフェクトエアプラス

ナースシューズという括りですが、介護現場でも通用するデザインです。

商品ページ:ナースシューズ パーフェクトエアプラス(スポーティタイプ)

商品名ナースシューズ パーフェクトエアプラス
(スポーティタイプ)
価格2,990円(税別)
カラーワイン、ネイビー、サックス、ホワイト
サイズ22.5〜28cm

男女どちらでも通用するデザイン、軽量なスニーカータイプのシューズです。
紐靴ですが結ぶ必要は無く、平ゴムなので安全。

白を基調としたデザインなので、職場で使いやすいですね。

シェスタースポーツシューズ

技術や安全性で知られる「シェスター」ブランドの靴です。

こちらも、介護シューズとしてお勧め。

商品ページ:シェスタースポーツシューズ No.533

商品名シェスタースポーツシューズ
No.533
価格2,980円(税別)
カラーネイビーブルー、バーガンディ
ピンク、ホワイト、ブルー
サイズ21.5〜30cm

爪先をしっかりガードし、トゥガードを持ち上げてるので躓きにくい。
足の動きに合わせ曲がるので、身体の負担も軽減。

メッシュ素材で通気性が良く、ムレにくいです。
表面にも余計なモノが無く、事故防止もOK。

安全性機能性に優れたシューズですね。
サイズも充実しています。

2Wayデイリーシューズ

安く軽い商品を探しているなら、こちらがオススメ。
カラーやサイズバリエーションも豊富です。

商品ページ:定番2Wayデイリーシューズ(4E)

商品名定番2Wayデイリーシューズ(4E)
価格1,800円(税別)
カラー全12種類
サイズ21.5〜29cm

「軽い」「履きやすい」「安い」と、コスパに優れた介護シューズになりますね。
踵が2way仕様になっており、潰してサンダルの様に履く事も出来ます。

実は、過去に何度か購入して使ってました。
デザインが好きなのと、安くて履きやすいので、何度かリピート購入してます。

私はよく踵を潰すクセがあり、そのせいで踵部分が弱くなってしまうんですよね。
普通に履く分には問題ないですが、2way仕様は好みが分かれるところかと。

スケッチャーズ スニーカー

最近「スケッチャーズ」のスニーカーを試したところ、かなり良かったので紹介しておきます。

スケッチャーズは、アメリカで生まれたブランド。
衝撃吸収性の良さと快適な履き心地で、人気を集めているシューズですね。

ウォーキングシューズとして使ってましたが、履き心地が良いので仕事用にも購入。

長時間の歩行や立ち仕事が楽になって、疲れにくくなりましたね。
クッション性が良く、長時間履いていても疲れません。

デザインバリエーションも色々あって、どれもお洒落。

上記はレディース商品ですが、メンズシューズも沢山ありますよ。
スケッチャーズ メンズシューズ(Amazonリンク)

店頭でも見つけやすいと思うので、機会があればぜひお試し下さい。

介護職が履いてはダメな靴

参考までに、介護職が選ぶべきではない靴も紹介します。

NG

これらは職場でNGを出している事も多いです。
例え可能でも、介護職は避けて下さい。

介護職が履くべきでない靴

  • 爪先や踵が隠れない
  • ヒールがある
  • 派手過ぎる色やデザイン

誰かを踏んだり踏まれたりした時、危険があるものは避けて下さい。
介助時に力が入らず安定しない靴もやめましょう。

デザインについては、厳しいルールがある職場は少ないでしょうが…
サービス業である事も考えると、キレイ目シンプルなモノが無難です。

清潔感が損なわれない様、日々のお手入れも忘れずに。

入浴介助用の靴選び

入浴介助用のサンダルは、靴と選び方が異なります。

浴室は滑りやすく濡れるので、安全に出来る介助できる靴を選んで下さい。
大まかには、「サンダル」か「クロックス」の2択になるかと思います。

入浴介護をする女性

裸足で介助する職場もありますが、介助者が転倒しやすく危険です。
可能なら入浴介助用の靴は用意した方が良いでしょう。

介護施設であれば、自分で用意する必要はほぼ無いです。
靴選びで注意すべきは、滑り止めとサイズ感。
滑る環境で裸足で履くので、力の入りやすいジャストサイズを選びたいですね。

入浴介助用のクロックス

もし自分で用意するなら、爪先が守れるクロックスタイプが良いかと思います。

クロックスは軽量な物が多く、滑らず安全な入浴介助靴として使用できます。
爪先も隠れるので、「介助中にシャワーチェアにぶつけた」なんて時も安心です。

ただクロックスは、靴が直に爪先にあたるので痛みが気になる事も。

気になる様であれば、後述の入浴サンダルを試すと良いでしょう。

入浴介助用サンダル

入浴用のサンダルも、滑りにくく入浴介助でよく使用されます。

入浴介護のイメージ

個人的な使用感ですが、サンダルの方が動きやすく介助中も力を入れやすいです。

ただ爪先が隠れない点と、重量のある商品もある事には注意。
ヒール付の商品も避けるようにして下さい。

調べた感じ、こちらのサンダルが男女兼用で滑りにくく良い感じですね。

軽量タイプで排水性もあり、柔らかいので使いやすいかと。

サンダル含め、入浴介助のグッズは別記事で際しく解説してます。
入浴介助ではどんな服装を用意する?基本の持ち物と便利グッズを紹介

入浴介助は介護事故も起きやすいので、色々試して自分に合った商品を見つけましょう。

まとめ

今回は、介護職にオススメの靴と選び方についてお話ししました。

靴は毎日使う立派な仕事道具です。
気持ち良く働き、仕事の疲れを増やさない為にも、納得のいくシューズを選んで下さいね。

他にも、「介護ウェア(制服)」や「お勧め介護士用品」についても解説してます。
良かったらご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました