介護職におすすめなメモ帳・手帳まとめ!介護士用手帳やメモ方法も

介護職にオススメな手帳とメモ帳介護士用品

毎日の申し送りの多い介護職には、メモ帳も必須アイテムの1つ。

そこで今回は「介護職向けのおすすめメモ帳と手帳」をまとめました。

職種や目的別に応じ、多様なサイズから便利メモ帳を選びました。
業務中のメモの活用場面についても触れてます。

中には介護職向けにデザインされた手帳もあるので注目です。
現場の介護士から相談援助職、業務や会議など、様々な場面でご活用ください。
スポンサーリンク

「介護職向けおすすめメモ帳・手帳」まとめ

案内をする介護士

早速、「介護職にオススメしたいメモ帳と手帳」を紹介します。

現場の介護士から相談員などの相談援助職。
朝礼や会議など、職種や用途に応じ様々なサイズのメモ帳を紹介します。

ポケットサイズのリングメモ帳

メモを取る中途採用の未経験者

まずは、ミニサイズのリングメモ帳です。

ミニサイズは、現場の介護士にオススメしたいメモ帳。
こちらは私も愛用してるタイプです。

ポケットに入るサイズなので、仕事中の持ち歩きに適してます。

サイズで言うと「A7(74mm×105mm)」位が目安です。
どれも大きな差はないですが、罫線があるタイプが使いやすいですね。

  • リングメモなので不要部分は捨てられる
  • ポケットサイズで持ち歩きに便利
  • 「書き置き」を残すのにも使える

介護士が毎日の業務連絡をメモするのにオススメ。

例えば朝礼などのでの「申し送り」、「仕事中の細かな連絡」など…。
こういったその日、その時だけ必要な情報を残すメモとして優れます。

手帳サイズの仕分けメモ

勉強する看護学生

仕事を覚えたい新入社員、会議や委員会用のメモには、手帳サイズのメモがオススメ。

連絡事項や窓口業務の多い、相談援助職にもオススメです。

身体介助の多い介護士でも、付き添い指導がある時は見て聞いてのメモが多くなります。

会議や委員会など、メモ量が増えじっくり書く場面ではミニサイズだと物足りません。

ノート的な使い方であれば、A5~A6サイズのメモ帳がオススメ。
コチラの商品の様に、仕分け可能なタイプなら1冊で使い分けもOK。

介護職用の「ケア手帳(スケジュール帳)」

介護職向けに作成された手帳もあるので紹介。

下記は、「介護福祉士会監修」によるケア手帳。
介護士から相談員まで、全介護職員に向けた手帳です。

介護職必携 ケア手帳

日程管理のしやすい「月間スケジュール」、詳細なメモが書ける「週刊スケジュール」を完備。
「介護制度の情報」や「高齢者との会話に便利な資料」も収録。

カレンダー付のスケジュール帳は、日程やイベントの管理に便利。
シフトの記入にも使えますね。

介護職向けにメモを多くとれるよう配慮された内容です。
ペンホルダーもついてます。

生活相談員やケアマネ、介護事務など、連絡や窓口業務の多い方も重宝するかと思います。

ケアマネージャー用の実用手帳

加え、ケアマネ用の手帳も販売されてるのでご紹介します。

ユーキャンなどでも扱ってますが、今回は「大阪介護支援専門員協会」の監修商品を紹介。

私からのレビューは書けませんが…、
口コミでは、「日程、メモ、業務に必要な単位表などがこれ1冊で済む」と好評。

メモ欄にも余裕のあるA5サイズの手帳です。

wemo【ウェアラブルメモ】

介護職にオススメしたいメモに「wemo」があります。

WEMOイメージ1

※引用元:wemo公式より

こちらはウェアラブルメモとも呼ばれる先進的なメモ。

その名の通り、「身に着けられるメモ」をコンセプトとした商品です。
介護や医療の現場で好評を受ける、現場作業者に向いたメモです。

特殊コーティングにより、油性ボールペンで書いても指や消しゴムで消す事が可能。
「いつでも書ける」事を目指しデザインされ、繰り返す利用に強い商品です。

正解を教えるひよこ

wemoには商品バリエーションが色々ありますが、介護職にオススメしたいのは下記2種。

  • バンドタイプ
  • パッドタイプ

それぞれ特徴をご紹介します。

バンドタイプ

バンドタイプは、シリコンバンドを腕に巻くタイプの商品。

しかも「水にぬれても消えない」という、介護現場に嬉しい機能付き。

カラーも様々ですが、オススメは黒ペンが見やすい「白」「青」「ベージュ」あたり。

とっさの時、つい手の甲にメモを書いたりしますよね。
そんな感覚で使える便利グッズ、業務中でも活躍できます。

本体に装着できる「wemoペン」がセットなった商品もあります。
公式では、市販ボールペンだと「ZEBRA社ジムノック0.7mm芯」が推奨されてます。

パッドタイプ

タブレットを紹介する女性

パッドタイプは、パソコンなどに貼り付けて使用します。

他にもスマホやタブレット、机等にも貼り付けられます。
こちらのタイプは付箋感覚で使える商品ですね。

大きさはS・M・Lの3種類。
標準サイズのMで「90mm×68mm」。

小さくも大きすぎずも無く、貼り付けメモとしてちょうど良いサイズ。

wemoシリーズは繰り返し利用OKなので、ゴミが出ないのも嬉しい点ですね。

【おまけ】ホワイトボード

趣旨から少しずれますが、介護ではホワイトボードも活躍します。

  • 食事献立、出勤職員などの表記掲示板
  • 利用者との筆談
  • レクでの使用、創作物の掲示

大きいサイズであれば、黒板替わりの掲示板
小さいサイズなら利用者との筆談に活用できます。

メモ帳とは違いますが、これも介護職が仕事で必須とするグッズの1つですね。

介護職がメモを必要とする時

主任イメージ

続いて、介護職に向けたメモの使い方を紹介。

主に介護士に向けた内容ですが、メモを必要とする場面は下記。

  • 朝礼や夕礼での申し送り
  • 会議や委員会、研修
  • 指導を受ける新入社員のに

簡単に見ていきましょう。

申し送り(朝礼・夕礼など)

カンファレンスイメージ

例えば、朝礼や業務中の申し送りですね。

主にその日の「利用者状況の特記事項」や「業務連絡」。
「他職員からの指示」などです。

介護職で多いのは、利用者状況についての連絡ですね。

  • 排便や水分の少ない方
  • 熱発、体調不良者
  • 不眠や不穏など、特記事項のある方

このあたりが定番でしょうか。

介護で覚えたい申し送りの要点とコツ!朝礼やノートを例文付きで解説
「申し送りが苦手」という介護職向けに、介護現場での申し送り方法の内容とコツを紹介。朝礼や申し送りノート等、要点をまとめ分かりやすく伝える方法を場面毎に解説。介護施設を例に、申し送りの例文や報告テンプレートなどを実務経験からまとめました。

仕事の始まりには、他職員から申し送りを聞く。
他職員の出勤時には、情報を人に伝える。

介護では、こうした連鎖で情報を伝えていくのが基本ですね。

会議や委員会

会議の様子

後はフロア会議や委員会での話し合い、決定事項の内容。
研修の内容などでもメモを使います。

会議では、業務やケア方法に関する決定も多くあります。
書いて覚える面もありますし、仕事を把握する意味でメモは重要ですね。

書記など議事録を任せられる事もありますし、常にメモは取っておきましょう。
研修時も感想を書かされるので、要注意ですね。

介護職に向けた「会議の議事録の書き方」

新入社員が取るべきメモ

メモをとる新人女性職員

新入社員は覚える事が多く、メモも沢山必要とします。

入ってくる情報が多いので、後で見返せるよう大事な事はメモに残しておきましょう。

  • 利用者の特徴や座席、ケア方法
  • 各シフトの業務スケジュール
  • 職場の業務ルール

定番の内容としては、こんなところですね。
やる気のアピールにも使えるので、メモ帳は必須です。

疑問のある介護職員

職場により異なる内容が多いですが、やはり介助を必要とする利用者の事を優先すると良いです。

移乗やトイレはどうするのか。
甘い物をさけたり、トロミを付ける人は誰か、…等ですね。

挙げたらキリがないですが、「難しい、不安」な事は積極的に尋ねてメモを取りましょう。

場面や仕事でメモ帳を使い分ける

チェックポイント(ひよこ)

メモ帳紹介でも話しましたが、ケースに応じメモ帳を使い分けると便利です。

  • 現場での業務中は「ポケットサイズのメモ」
  • 会議やスケジュール管理には「手帳」

介護士など現場仕事が多い人は、基本的に仕事中に持ち歩けるポケットサイズ。
その他職種、メモが多くなる場面では手帳サイズと使い分けるのがオススメです。

何にしても、ポケットメモ手帳の2種があれば理想。
面倒な人はメモ帳だけ持ってればOKです。

その他には、書置き用の付箋もあると便利ですね。

その他「介護職にオススメな便利グッズ」

チェックポイントを教える介護士

今回は「介護職向けのメモ・手帳」をご紹介しました。

メモ帳は介護職にとって、仕事での必須アイテムの1つ。
毎日使うモノなので、自分に合った物を選んで効率的に働きたいですね。

その他の介護士用品については、別記事でも紹介してます。
制服や印鑑、靴など、色々あるので活用してみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました