介護用品

介護用品はどんな物が買取対象?相場や高価買取のコツ、出張買取ショップなど

不要になった介護用品の買取や処分をご説明します。買取対象となる介護用品、買取できない物や注意点、高価買取のコツ。介護用品の買取相場などを調べまとめました。介護用品は状態の良い物なら、安くて10分の1程度の価格はつく様子です。介護ベッドや車いすなど、価格の高い物はぜひ買取に出す事をオススメします。買い取り業者を探す時に便利なサービスなどもご紹介します。
働き方

介護派遣のメリットとデメリット!正社員とどっちがオススメ?

介護業界では、派遣と正社員どっちで働くのが良いのか。派遣社員と正社員のメリットとデメリットをまとめつつ、どちらがオススメかを比較します。介護派遣は時給相場が良く、柔軟な働き方が出来るのがメリット。ボーナスを得にくい、派遣切りの可能性があるデメリットもありますが、需要の高さからあまり気にならないのも現状です。派遣から正社員になる事も出来るので、派遣やパートで働きつつ、良い職場があれば正社員を目指す動きがオススメです。
介護職で働く

介護職を悩ます職場内イジメの内容!イジメで辞める時の対処方法は?

介護は職員同士のやり取りが多く、人間関係の悩みが発生しやすい環境です。特に介護士同士のイジメに悩む新人職員も多くいます。もし職場でイジメにあったら、我慢はせずに逃げて下さい。もしいじめが原因で辞めるなら、無理にその事実を話す必要もありません。介護職をとりまくイジメの実態や原因、辞めたい時の対処法やいじめ被害を受けない為の方法についてお話しします。
家族の介護

高齢者介護ではどんな服が着せやすい?男女別の解説とおすすめ紹介

高齢者介護で着させやすい服を介助者目線で解説します。高齢者介護では、伸縮性のある衣服を選ぶと自分でも介助でも着脱がしやすいです。女性はゆったりめのブラウスやカーディガン、男性はポロシャツやトレーナーなどが着せやすいです。特に介助の場合、かぶったり袖を通す、ズボンの上げ下げのしやすさで負担が大きく変わります。男女別に普段着やズボン、肌着まで、着せやすいオススメの衣服を紹介します。
家族の介護

介護用スライディングボードとは?使い方からおすすめ商品まで解説

スライディングボードとは、座ったままの座位移乗に使う介護用品です。表面が滑りやすい長方形のボードで、車椅子とベッドの間などに敷き、その上を滑って移動できます。スライディングボードの使い方、オススメ商品。介護保険でのレンタル、スライディングシートとの違いなど、詳しく解説します。
家族の介護

認知症の方にオススメな携帯電話(スマホ)と機能【使えない時の解約方法も】

高齢者にも携帯電話が当たり前になった今、「認知症になったら携帯電話をどうするか?」という問題があります。携帯電話を使い続けるか、解約するかを決める目安やタイミング。認知症でよくある携帯トラブルや解約方法。その対策に使える発信制限などの機能対策、オススメ携帯電話などをご紹介します。
雑記

入院生活で必要・不要だった持ち物まとめ!ネット環境やオススメ便利グッズも紹介

自分の入院体験から、入院生活で必要な物と不要な物をお伝えします。衣類などの必需品や病室のWi-Fiなどのネット環境、オススメしたい便利グッズを紹介。「暇つぶしグッズは必要?」など、入院前に準備したい持ち物をまとめました。入院中は寝てる時間も多く連絡手段も無く、スマホは必須。毎日の入浴も出来ないので、身体拭きなども便利。肌着などの必要枚数なども紹介します。
介護職で働く

介護助手の仕事内容とは?看護助手との違いや給料も紹介!

介護助手の仕事内容や役割を詳しく解説します。看護助手は介護士のサポーターで身体介助は行わず、清掃やシーツ交換などが仕事です。専門的な知識や経験は必要なく、無資格でも安心して働く事が可能です。当記事では介護助手の業務を細かく説明、介護士や看護助手との違い、給料や資格の話などもしていきます。求人の探し方等、介護助手になる為の情報を網羅的にまとめました。
介護用品

介護用の歯磨きグッズの種類と使い方【施設入居で必要な物も解説】

介護で使う歯磨きグッズの種類と基本的な使い方を解説。入歯用品や口腔スポンジ、歯ブラシなど、高齢者の歯磨きに役立つグッズを紹介します。介護施設で必要になる物や物品購入、介護職向けの口腔ケア学習情報など、介護職ならではの目線も交え歯磨き用品の情報をお伝えします。
介護職で働く

介護職が円満退職すべき理由と方法【周囲への退職の伝え方】

介護業界は意外と狭く、昔の退職トラブルが原因で思わぬ問題が生まれる事があります。介護は職員の入れ替わりが激しく、転職活動も容易ですが、辞める時は円満退職を目指さなければ、後々苦労する事もあります。当記事では、円満退職の流れやコツを解説。円満退職は無理と思っても、見ている人は見ています。いつでも堂々といられる様、守っておきたい退職マナーや方法を解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました