その他商品紹介やレビュー

高齢者マークはいつからどの位置に貼る?可愛くオシャレな物も紹介

高齢になると、運転中にも危険を感じる場面が増えてきます。70歳以上の方は高齢者マークの使用を検討しましょう。高齢者マークは「いつから」「どこに貼るか」、付けたくない時に使えるオシャレなマークまで詳しく紹介。マグネットが付かない車種なども紹介。高齢者マークは努力義務ですが、マーク使用車への追い越しや割り込みは違法となるので、使用をお勧めします。
介護職で働く

介護夜勤が辛い・しんどい職場の特徴【夜勤が楽な施設はある?】

「介護の夜勤が辛い、しんどい」、疲れが取れず腰痛も悪化したなど、夜勤の忙しさに悩む介護職は多くいます。しかし「介護夜勤は楽だ」という職員も意外にいます。働いて分かった「介護夜勤がしんどい職場と楽な職場の違い」を解説。夜勤者の負担を少なくするには、利用者の介護度や人員体制が大きく影響し、安心して働ける環境づくりが重要。楽に安心して夜勤で働くのに知っておきたい事をまとめました。
転職活動

介護職が転職で高収入を得るには?【資格や職場、転職サイト等】

介護職が転職で高収入を実現する方法をお伝えします。介護業界でも施設長等の管理職は高収入ですし、ケアマネや介護士でも高収入の求人はあります。年収400万円以上なら一般的な介護士も現実的ですし、さらに収入を増やす事も可能。その為の資格条件や職場選び、転職サイトなどを説明します。
転職活動

脱ニートに介護職をオススメする理由【面接や資格の就職アドバイス】

脱ニートや無職期間が長く就職に困ってる方にオススメしたいのが、介護のお仕事。資格取得などの就職支援も豊富にあり、未経験者の採用にも積極的です。また収入も悪くなく、経験してしまえば転職に困らない等、メリットも多い職業です。長く介護職として働く私が、介護職として社会復帰する具体的方法・魅力を紹介。ニート脱出に使える介護資格や面接などのアドバイスもお伝えします。
相談援助

身上監護アドバイザーはどんな資格?試験・講座から仕事まで解説

身上監護アドバイザーとは、成年後見制度における後見人として活躍が期待される資格。後見人には資格不要ですが、制度を熟知した人材として信頼に繋がり、需要もある資格。身上監護アドバイザーの取得には、講座受講と試験合格が必要ですが受験資格はありません。取得方法からその後のお仕事・収入まで、詳しく解説します。
介護職で働く

新人介護士の為のプリセプター制度とは?教育方法やメリットを解説

介護では、新人教育方法として「プリセプター制度」を採用する職場があります。この制度では、先輩職員がマンツーマンのOJTで指導します。評価シートの記入や振り返り、目標設定を通し、独り立ちまでサポートを受けられます。人間関係やメンタルのサポートも有り、早期離職が目立ちがちな介護士も安心して指導を受けられます。プリセプター経験をもとに、教育内容やメリット・デメリットなどを具体的にまとめました。
家族の介護

高齢者向け「机・テーブル」の種類と選び方【食事から作業まで】

「高齢者向けのテーブル・机」の種類や選び方をお伝えします。安全性の高いデザイン、高さや大きさ目安などを解説。介護施設への持ち込みやご家庭のダイニングでの使用、食事や作業など、様々な場面を想定したオススメ商品も紹介。元気な人から要介護まで、幅広い高齢者に向けたテーブル選びを解説します。
家族の介護

「片手の歯磨き」「歯ブラシが握れない」時に便利な歯磨き自助具紹介

「片手での歯磨き」や「上手く歯ブラシが握れない」時に使えるグッズや方法をお伝えします。片手で歯磨き粉をつけたり、歯ブラシの柄を太くし握りやすくする方法を紹介。手が上手く動かなくても、自分の力で歯磨きをする方法と自助具などをまとめました。
介護職で働く

介護の職場の雰囲気はどう?職場体験の方法と実際の雰囲気を解説

介護の職場の雰囲気を知りたい方へ、「複数の施設で働いた印象」と「職場体験・見学の方法」をお伝えします。やはり雰囲気の悪い職場もありますが、その多くは穏やかで落ち着いた雰囲気が多め。職員も利用者も「真面目で穏やかな人」が多く、初めての人も馴染みやすいですよ。職場体験や見学方法もあるので、雰囲気の悪い職場を避ける事も可能です。
高齢者のサービスと制度

簡単に取れる介護資格まとめ!「受験資格なし」や「在宅試験」も対応

誰でも簡単に取れる介護資格をまとめました。「受験資格なし」「在宅試験」などに対応し、時間や手間をかけず宅に取れる資格を紹介します。仕事から家族介護まで、色々な人に役立つ内容が揃ってますよ。また介護の資格は全体的に難易度が低く、時間さえかければ仕事の必須資格も簡単に取れるのでチャレンジしてみて下さいね。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました