片手で使える「ワンハンド爪切り」とは?便利な爪切り自助具を紹介

片手で使えるワンハンド爪切りとは 家族の介護

片手が不自由で上手く爪が切れない、人の介護を受けず自分で爪が切りたい。
そんな方の為に「ワンハンド爪切り(片手爪切り)」という商品があります。

片手でも爪が切れる物で、自助具と呼ばれる道具の1つです。

今回は「ワンハンド爪切りとはどんな物か」を中心に、爪切りを楽で便利にする商品を紹介します。
スポンサーリンク

「ワンハンド爪切り」とは

ワンハンド爪切りとは、片手で使える爪きりの事です。
名前そのままに「片手爪切り」という呼ばれ方もします。

片手のみで爪が切れる自助具

ワンハンド爪切りは、片手が上手く動かない方の為の爪切りです。

片手しか使えない場合、動く方の爪を切るのが難しくなります。
ワンハンド爪切りは、そんな時に使える片手用の爪切りとなります。

例えば、下記の様な方が使用対象です。

  • 片手の不自由な方
  • 手の指の力が弱い方
  • 両手動作ができない方

またこの様な道具の事を「自助具」と呼びます。
生活を自分でする事を助ける道具の事ですね。

ワンハンド爪切りの使い方

それでは、ワンハンド爪切りの使い方をご紹介します。

…といっても使い方は簡単です。

爪切りを台の上に置き、手のひらで押し下げるだけです。
簡単ですが、片手ですと少し感覚も違いますので、深爪などには十分注意しましょう。

手に感覚障害がある場合なども、使用時には注意を払ってください。

下記が動画にある商品です。

台の裏には滑り止めがあり、手の力が弱い方も安心して使える作りになってます。
普通の爪切りとしても使用OKです。

自助具の爪切りは他にもある?

爪切りの自助具は、他にもあります。
また自助具という程でなくとも、爪切りを楽に便利する商品もあるのでご紹介します。

台付き爪切り

爪切りの自助具には、もう1つ「台付き爪切り」があります。
これは台に爪切りを吸盤固定できる商品です。

これは指の力や握力が弱い方、爪切りを持つことが難しい方向けの自助具です。
押手も広く爪切りも固定できるので、少しの力で爪が切れます。

上記商品は吸盤が1か所なので、回転させながらの使用も可能です。

電動爪切り

安心で簡単な爪切りとして、「電動爪切り」もあります。

正確には、電動爪削り器ですね。
爪を切り、整えるまでの役割を1台でこなせる商品です。

使い方は、電源を入れて、爪に沿う様に軽く押さえ動かすだけです。

ただし、こちらは爪を切るのでなく「削る」商品です。
爪切りに比べ時間がかかり、分厚い爪などは難しいのでご注意ください。

ワンハンド爪切りは自分でも作れる?

工作が得意で、ワンハンド爪切りを自作される方もいるみたいですね。

残念ながら私には知識も技術もなく、ご説明は出来ませんが…
爪切りを台座に固定し、テコの力で切れるようアームを組み立てる様な感じですかね?

作り方を公開されてるサイトもあるみたいなので、気になる方は調べてみて下さい。
デザインの幅も効くでしょうから、利用されるご本人も嬉しいでしょうね。

片手で使える自助具は他にも

片手が不自由な方や握力の弱い方に向けた道具は、爪切り以外も沢山あります。

片手で使える自助具例

  • 牛乳パックや缶・ビンのオープナー
  • ドライヤースタンド
  • 固定式のブラシ・スポンジ

この中ですと、固定式ブラシが今回のテーマに近い商品ですね。

これは吸盤で固定できるブラシで、片手でも手や爪が洗えます。
下記の商品ですね。

手が動かしにくい状態だと、手の爪まではキレイに洗いにくいので、こんな商品を使ったりします。
このご時世、衛生が気になる方も多いでしょうし便利ですね。

最後に

今回は「ワンハンド爪切り(片手爪切り)」についてご紹介しました。

今回は爪切りでしたが、自助具には生活場面に応じた様々な物があります。
そして現在も多くの商品が日夜開発されています。

もし「生活でこんな事に困ってる」と思ったら、些細な事でも調べてみると良いですね。
悩みを解決する意外な商品に出会えるかもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました