20代で介護職に転職はあり?メリットや失敗談など転職アドバイス

20代介護職の転職転職活動

20代で介護職に転職というと、ちょっと迷いがある方も多いと思います。

これから介護職に就く、あるいは現職の介護士など、いずれにせよ転職の不安を抱えてる事でしょう。

私も20代から介護職で勤めてますが、個人的にはアリだと思ってます。
もちろん、男性・女性問わずです。

当記事はこんな人向け

  • 介護職への転職に迷っている
  • 20代で介護を続けていいのか不安
  • 求人の探し方や転職経験談を知りたい

20代のこんな疑問に対し、私の経験談アドバイスを送りたいと思います。

スポンサーリンク

20代で介護職への転職はアリ

結論からお話しすると、20代で介護職への転職はアリです。

性別も関係なく、男性・女性どちらもOKです。

案内をする介護士

仕事で1番大切なのは、無理なく続けられること。
それが介護であるならば、迷いなく介護で働けば良いです。

「介護で働ける能力」はかなり強い

色々言われますが、介護職にも下記の様なメリットがあります。

介護職のメリット

  • 働く場所や採用に困らない
  • 無資格や未経験でも挑戦できる
  • 経験を積めば、色々な職種になれる

介護士をはじめ、介護職は「採用されない」という悩みが少ないです。

故にもったいないと言われますが、これは立派なメリットです。
「今の職場が合わない」と感じた時、転職時の不安や悩みが少なくて済みます。

介護はこの先も仕事には困らないし、気軽に転職活動できます。
20代後半はおろか、30代でも若い方なので年齢も気にせず働けます。

初心者介護士

20代のうちから経験を積み、能力をつければ、働く場所に困りません。

途中で異業種から転職してきた人より、経験があるぶん給料も高くなります。
介護福祉士ぐらいになれば、どこでも通用する介護士として重宝されます。

安定した業界で、早くから評価やスキルを高めるのも賢い方法です。

働く場所に困らない”介護業界で働ける能力”は、正直かなり強いです。

20代から介護職に就くメリット

20代から介護職に就くメリットを具体的に見ていきましょう。

介護業界にも、資格や経験によるキャリアアップは存在します。
収入アップ様々な職種に就ける機会が多くなるのが、主なメリットですね。

  • 「国家資格」や「上位資格」を早く取得できる
  • 自分の適性理解が早まる
  • 収入アップの機会が早く訪れる

会議の様子

介護業界には、実務経験を必要とする資格・職種が多くあります。
また収入も基本的にそれらに依存してます。

20代のうちから介護職に専念すれば、実務経験を早く積むことが出来ます。
経験による給料評価・資格なども早く得られ、介護業界内で色んな仕事にチャレンジできます。

「現場介護士が辛いから、相談援助の仕事に挑戦」といった行動もとりやすくなります。

色んな介護資格を早く取れる

介護関係の資格は、実務経験が必要なものが多いです。
資格の取得が早まれば、それだけ待遇アップやなれる職種も増えていきます。

例えば、介護士についてお話しすると…

介護福祉士を取るのに3年。
ケアマネ講師等になるには、そこからさらに5年の実務経験が必要です。

疑問のある介護職員

かなり時間がかかりますね。
福祉学校に通ったり、新卒から介護で働くのも有りだと思いますよ。

大学新卒で介護士はもったいない?新卒で介護業界で働くメリット解説
自分の経験を踏まえ、新卒で介護士になるという事を語ります。新卒で介護業界で働くのはもったいないとも限らず、早く経験を積む事で資格や職種を早く広げられるメリットもあります。大卒で今も介護福祉士で働く私が、介護職に就くメリットと実体験から思う事をお伝えします。

上記記事でも同じ事を言ってますが、何かを始めるには早い方が良いです。
20代前半から働けば、20代後半には介護福祉士が取得できます。

業界内での自分の適性理解が早まる

同じ介護施設でも、自分に合う職場と合わない職場があります。

介護業界だけでも、職場や職種は多様で、自分の適性を知るには時間がかかります。

介護サービスの相談

「介護士よりも相談援助がしたい」、「施設より訪問介護」と思った時など…、
若さのアドバンテージがある分、年齢を気にせず軌道修正しやすいです。

社会福祉士など、取得に時間がかかる資格も挑戦しやすくなります。
介護・福祉の資格一覧

働いてはじめて分かる事も沢山あります。
20代のうちに介護業界に絞れば、将来的に介護経験を活かした転職もしやすいですよ。

実務経験による給料アップ

実務経験によるメリットは、資格取得だけではありません。

カンファレンスイメージ

経験豊富なベテラン職員は、戦力として重宝され収入アップにも繋がります。

  • 勤続年数による給料アップ
  • 処遇改善の支給額増加
  • 転職時の評価アップ

20代のうちからコツコツ経験を積めば、これらのメリットを早く享受できます。

基本給やボーナスはもちろん、保有資格による評価や手当もあります。
実務経験があれば、若いうちから高収入も目指しやすくなりますね。

さらに近年の処遇改善は、介護福祉士やベテランを重視する傾向があります。
※介護士の賃金アップの為のお金、分配方法は事業所に任される

まずは介護福祉士を目指そう

介護士として、高収入を目指す上で欠かせないのは介護福祉士

給料を語る上でも、一般職員とベテランを分ける1つの指標となってます。
それだけでなく、他職種や資格にも繋がる国家資格ですね。

試験勉強での疑問

これから介護職を始めるなら、まずは介護福祉士の取得が第一の目標となります。

まずは3年介護で働き、介護福祉士を取る。
そこから相談員やケアマネを目指したり、現場でリーダー等の役職を目指す。

…というのが、介護業界におけるキャリアアップの主な流れですね。

20代無資格から始める「介護転職へのステップ」

20代無資格からできる、介護職への具体的な転職ステップを紹介します。

介護職は無資格からでも働けるので、転職が先でもOK。
ただ先に資格取得をしといた方が、働き始めてからが楽になります。

  1. 介護資格(初任者研修)を取る
  2. 介護施設へ介護士として転職

初心者介護士

まず取得したいのは、介護職員初任者研修
介護の入門資格であり、2~3ヶ月目安で取得できます。

また無資格OKで働けるのは、介護施設ですね。
訪問は経験者向けなので、どちらにせよ働くなら施設が良いです。

介護士になるには?資格や必要情報を解説

もし先に働き始めるなら、下記ステップで進めるのがオススメ

  1. 介護施設の介護士として、パート社員として転職
  2. 働きながら、初任者研修を取る
  3. 資格取得後、正社員として働く

面接時に「資格取得できるまでパートで」と頼めば、その後すぐに正社員になれます。
少し休みを多くもらえるよう頼めば、働きながらでも余裕を持って資格が取れます。

マネジメントイメージ

資格取得費用をサポートしてくれる職場もあるので、転職活動の際はチェックしましょう。

その際は「介護系転職サイト」を使うと、20代向けの介護求人も見つけやすいですね。
特にマイナビ介護職だと、「新卒OK」などの求人も多くオススメ。

20代介護士の転職経験談

多くの可能性を秘める20代では、転職の悩みは尽きません。

そこで他の20代介護職は、どう働いてきたのか。
私の例で恐縮ですが、実際の転職経験談をご紹介します。

「20代での介護転職」の成功・失敗事例

私は20代前半で無資格で介護を始め、下記の様な転職経験をしてきました。

  1. 無資格でグループホームに勤務
  2. サ高住に異動
  3. 特別養護老人ホームに転職
  4. 介護福祉士取得、別の特養へ転職

ベッドで休むお婆さん

転職ペースは2年おきぐらいでしょうか。
介護福祉士を取得できたのは、27~28歳ぐらいだったと記憶してます。

介護転職での成功と失敗を振り返ってみます。

転職での失敗と反省

20代での介護転職は、割と失敗も多く反省ばかりです。

具体的には、下記点ですね。

  • 無資格・知識なしで転職したので、苦労した
  • 適当な転職活動をしたので、転職を繰り返してしまった

まず失敗だったのが、資格など詳しいことを知らずに転職した事。

初任者研修も知らなかったので、働きながら休みなしで取るはめになりました。
施設種類も知らなかったので、転職先も適当に決めました。

忙しい介護士

また大抵の場合、「疲れた辞めたい」というタイミングで仕事は退職してます。
次の仕事も適当に決めたので、同じ失敗を繰り返す事になりましたね。

私の場合、本来は「今より仕事が楽」「休みが多い」という条件で選ぶべきでした。

介護にも色々な職場があるので、情報収集は大切です。
介護はどこも同じと思わず、良い職場がある事をちゃんと知っておきましょう。

介護で働いて良かったこと

分からない事だらけで始めた介護ですが、良かった事も多いです。

  • 特養は辛かったが、仕事に自信がついた
  • 20代後半には介護福祉士が取得できた
  • 自分にとって「介護が続けられる仕事」だと認識できた

介護士のプライベートイメージ

仕事がキツイと思った原因は、たぶん特養に勤めたせいです。

しかし、得るものも大きかったですね。
介護技術や知識にはだいぶ自身も持てたし、リーダーなど貴重な体験も出来ました。

今はもうちょっと楽な職場で働いてますが、おかげで人より心身楽に動けてます。

早くから介護で働いたおかげで、20代のうちに介護福祉士も取得出来ました。

国家資格が取れるとは思ってなかったので、昔の自分が知ったら驚くかもですね(笑)

また後半には、「自分は介護で頑張る」と踏ん切りもつきました。
自分の方向性を20代で定められたのも、良かったですね。

「介護から異業種への転職」に悩んだ時は?

介護職に対する不安や悩みとしては、以下の様な事があると思います。

介護職に多い悩み

  • 給料が安い
  • 休日が少ない
  • 残業が多い

年齢を重ねれば採用が少なくなる不安から、異業種への転職を考える20代介護職も多いのでは?

そうした同僚も多く見てきましたが、介護に戻ってくる人も多かったですね。
他で続いている人は、いずれも「やりたい事が明確な人達」です。

私自身も考えましたが、やりたい仕事や出来る事もなく断念しました。

落ち込み

つい「こんなに不遇なのは介護だけ」と思ってしまうのですが、実際はそんな事もないです。

「人がいないし、残業が辛い」「給料や休みが欲しい」、これは介護職だけの悩みではないです。
無計画に異業種に転職するのは危険です。

介護での他職種にも目を向けよう

もし他の仕事がしたいなら、業界内の他職種にも目を向けてみましょう。
介護経験を活かした転職も可能です。

例えば、介護士以外にもこんな仕事があります。

介護業界内の色んな仕事

  • 福祉用具専門相談員(福祉用具の販売・レンタル)
  • 相談員やケアマネ、社会福祉士(相談援助)
  • 介護講師
  • 介護事務

これらであれば、介護経験を活かす事が出来ます。

ピンチな女性

恐らく多いのは、「現場の介護士は疲れた」という意見だと思いますが…
介護業界の仕事は、介護士だけではありません。

経験を積めば相談援助等の仕事にも就けますし、他の介護職種へシフトも可能です。
現場が嫌な時は、自分の経験を活かしつつ方向転換しましょう。

もちろん、思い切って異業種へ挑戦するのもOK。
ダメだった時は、また介護業界に戻ってくれば良いです。

働く「施設種類」も変えてみよう

また、今までと違う介護事業所を選んでみるのも有効。

介護士の職場も色々ある

  • 入居施設(特養やグループホーム)
  • 通所施設(デイサービス、デイケア)
  • 訪問介護

この様に職場を変えるだけでも、かなり仕事の感覚が違います。
広い視野を持って、自分に合う職場を考えてみましょう。

相談をするシニア夫婦

同じ入居施設でも、特養と有料でもだいぶ違います。
「仕事に疲れた」「何か面白くない」、そんな時は職場の種類を変えてみると良いですね。

訪問デイも実はかなり多様なので、選択肢に入れてみて下さい。

自分の時間を確保するなら、派遣パートで働くのもアリ

20代介護職が転職失敗しない為のアドバイス

20代は、色んな仕事に挑戦しやすい年代です。
故に「チャンスは今だけ」という悩みも多くあります。

転職を考えた時、「業界を変える」「今の業界を続ける」どちらにしても勇気が要ります。

パソコンで仕事をするスーツ女性

私からのアドバイスとしては、よく調べ行動する事ですね。

  • 介護の資格や仕事を調べる
  • 資格取得や転職に動く
  • 求人を比較して、良い職場を知る

介護職に興味がある時点で、適性は十分です。
将来性も安定性もありますし、興味があればぜひ挑戦してみて欲しいですね。

介護業界について詳しくなろう

まずは、介護の仕事について詳しくなる事から始めると良いですね。

  • どんな資格や職種があるか
  • 施設種類による違いは何か
  • どんな働き方をするのか

簡単にでも良いので、この辺の知識をつけておくと失敗は減らせると思います。

知識0からなら、下記書籍がかなり参考になります。
必要資格や職場など、求職者が知っておきたい情報が網羅された良書です。

チェックポイントを教える介護士

いきなり現場は不安と思ったら、資格取得から始めてもOK。
介護スクールでも、何となく雰囲気は感じられると思います。

私からは、有料老人ホームが未経験者にはオススメ。
元気な方も多く負担も少ないので、じっくり技術が学べます。

介護未経験者にオススメな職場は?

出来れば20代の多い職場を選ぶと、孤独を感じず仕事を続けやすいです。
周りを見て、「自分はこれで良いんだ」と迷いなく自信を持って働けますよ。

「20代向けの転職サイト」で求人を探す

転職を成功させるには、情報収集が大切です。
とにかく沢山の求人を比較しましょう。

最後に、20代向けの転職サイトをご紹介します。

面接

転職サイトは情報量が多く、転職アドバイスも受けられます。
選べる求人の多い20代は、こちらを利用した方が良い職場が見つかります。

内部情報にも強いので、20代の多い職場も教えて貰えると思いますよ。

マイナビ介護職

「求人の質」や「職員の定着率」に注力した介護求人サイト。
新卒の求人も多く、サポート力に優れます。
マイナビジョブ20’s

20代に特化した転職サービス。
介護以外の仕事も選択肢に入れるならコチラ。

介護職向けの転職サービスは、他記事で詳しくまとめています。
興味があれば、ご参考下さい。

おすすめ介護職向け転職サイト5つを比較紹介!求人や強みの違いは?

まとめ

今回は、「20代介護職の転職」というテーマでお話ししました。

最後に記事の要点をまとめておきます。

記事の要点

  • 20代の介護職はアリ
  • 転職先は、「出来る仕事」や「今の悩みを解決する」職場を選ぶ
  • 介護業界内の色々な職種、職場にも目を向ける

20代は若さというメリットがある反面、迷いも多くある時期です。
介護を続けるか辞めるのか、いずれにせよ勇気が要ります。

どんな仕事をするにせよ、自分の適性を意識し、探っていくのが大切です。

介護士としても、介護職としても色んな職場や働き方があります。
広い視野を持ち、気持ちと身体に余裕を持って働ける仕事を選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました