介護職の人間関係はなぜ悪い?トラブル回避や辞めたい時の転職アドバイス

介護の人間関係はなぜ悪い?良い関係を築くコツとは介護職の悩み

介護士の仕事というと、人間関係が心配という方もいらっしゃると思います。

ネット上でも人間関係に関するネガティブな情報が散見されます。
職場の人間関係が悪く、「疲れた」「辞めたい」と悩んでる方も多いでしょう。

今回は「介護職の人間関係がなぜ悪いか」をテーマに語ります。

介護業界だけが、特別に人間関係が悪いという事ではありません。
それでも、やはり介護施設には「人間関係が悪くなる理由」も存在します。

実際に介護士を経験した私が、私見を含めアドバイスを送りたいと思います。
良い関係を築くコツや辞め方、人間関係重視の転職など、実情をお伝えします。
スポンサーリンク

介護職の人間関係はなぜ悪い?

案内をする介護士

前置きしておくと、介護職の人間関係は全て悪いワケではありません。
良好な関係で気持ちよく働ける職場も多くあります。

ただ下記の様な、「介護職ならではの理由」で人間関係が悪化しやすい事実もあります。

  • チーム仕事であり、関わる相手が多い
  • 女性社会であり、感情的な言葉が出る人が多い
  • 忙しく、ストレスや不満が溜まりやすい

まずは、「なぜ介護職の人間関係が悪くなるか」を見てきます。

「女性社会」で「関わる人間」も多い

カンファレンスイメージ

介護の仕事はチームプレーの仕事です。
関わる相手が多く、仕事への影響は大きいのがまず1つです。

例えば介護士目線で見ると、関わる相手はこれだけいます。

  • 上司や同僚、部下
  • 利用者
  • 看護師や相談員等の他職種
  • 利用者の家族

単純に関わる相手が多い為、全ての相手と上手く関わるのはやはり難しいです。

介護士の相談

さらに大きな特徴なのが、女性社会である事。

介護では、職場の半分以上は女性職員が占めます。
特に多いのが、30代以上の主婦層ですね。

つい感情的になったり、口が多くなってしまったりなど…。
忙しさによるストレスなどもあり、女性特有のトラブルが目立ちます。

人間関係の複雑さ

自分に関わる職員もそれぞれ人間関係を持っており、利用者様も関わってきます。

介護イメージ01

グループ派閥トラブル、些細な事が人づてに大きくなるなど…、
1対1に留まらない、複雑な人間関係も面倒くさい部分ですね。

認知症がある利用者もいますし、第3者を巻き込みトラブルに発展する事も…。
こうなると、何が原因か分からくなります。

たとえ自分が無関係でも、周囲で何かトラブルが起きてる事も珍しくないです。
こうした点も、「人間関係の悪さ」を感じやすい環境ですね。

人手不足でストレスが溜まりやすい

食事を急ぐ看護師

次に、人手不足でストレスが溜まりやすい環境という事があります。

  • 仕事が終わらず、定時で帰れない
  • 忙しさで気持ちに余裕がない
  • 介護拒否や暴言など、利用者対応によるストレス

仕事中も気持ちに余裕がなく、つい言葉が荒くなる職員も多いです。

認知症対応の難しさ、利用者からの暴言など…。
忙しさ以外にも、ストレス原因も多いですね。

介護士のストレス原因とイライラ解消方法

また上司と考えが合わない、給料が少ないなど…。
「職場への不満」が溜まりやすい業界なのも否定できません。

退職理由には「人間関係」が多いという事実も

介護職員に多い退職理由は、「人間関係」が挙がってる調査結果があります。

ただ人間関係による退職理由は、他産業でもランキング上位によく来ている内容。
他と比べやや高めですが、介護業界が突出して悪いワケではありません。

参考:「介護労働安定センター(平成29年度 介護労働実態調査結果)」
「厚生労働省(平成 30 年雇用動向調査結果の概況)」

介護イメージ01

そして今現在も、人間関係は退職理由のトップにあります。

人間関係は、給料や休日などよりも重要だという事です。
話題にも挙がりやすく、必要以上に目立ってしまう面もありますね。

介護職の退職理由ランキング

何はともあれ、介護職が長く働き続けるには良好な人間関係は必須。

上手く協力関係を築き、トラブル回避する為の振舞いもある程度は必要ですね。

介護施設における人間関係トラブルの特徴

ピンチな女性

ここでは介護現場の特徴を踏まえ、実際によくある人間関係のトラブルを紹介します。

  • 悪口の言い合い
  • 新人イジメ
  • グループや派閥の対立仕事の不満や責任の押し付け合い

介護では、様々な立場の人と関わり合いになります。
職員同士や利用者様など、ケース別にトラブル例を紹介します。

事前に理解しておくことで、防止に役立つでしょう。

「悪口」や「キツイ注意」

怒る女性職員

介護現場で多くなりがちなのは、「悪口」や「注意」での揉め事。

現場は人手不足で余裕がありません。
その為、下記の様な不満を容認できない人が出てきます。

  • 他職員の動き方が悪い、遅い
  • 仕事に対する考え方の違い
  • 業務負担の偏り

結局は「人手不足」が原因なモノの、その不満を他職員にぶつけてしまう人も多いですね。

忙しい介護士

ストレスや余裕のなさから、キツイ口調になる職員もいます。
悪意がなくとも、ふとした一言でトラブルに発展する事もしばしば。

また介護事故の責任の押し付け合い、言った言わないの報告・確認トラブルもよくあります。

事態をまとめるリーダー職も、不適性の人材があてられトラブルを加速させる事も…。
介護職が思う「苦手」「合わない」上司達

新人イジメ

ピンチな女性

不満のはけ口の対象は、弱い立場の新人職員に向く事が多いです。

「お局様による新人イジメ」なんかは、まさにそれですね。

誰にでもならまだしも、特定の人にだけというなら問題です。
特にイジメが発生してる職場は致命的。

解決が難しければ、退職や転職理由になり得ます。
介護職を辞めたい!注意したい職場と退職方法

女性同士の「グループ・派閥トラブル」

女性が多い職場という事で、グループ派閥意識が強い職員もよくいます。

介護士のプライベートイメージ

グループは「仕事への考え」や「年代」など、様々な要因で生まれてます。

そして派閥意識が強い職員は、よくどちらかに属する事を求めてきます。

考えを聞かれ話しただけでも、「あなたは〇さん派なんだ」と言われたり…。
発言力のある職員をリーダー判定し、勝手にグループ分けしたりもありますね。

そして勝手に、A派対B派の対立構図を作り上げられてしまいます。
同調圧力もあって、周囲からすると面倒くさい環境ですね。

家庭の話による関係悪化も

介護は40~50代の主婦層が多いという事で、注意したいのが「家庭」の話題。

内緒話イメージ

家の事情はデリケートな話題で、触れられたくない深い部分。

誰も色々な悩みやストレスを抱えており、だからこそ「他の人はどうか?」と気になります。

聞かれたままに話をしていると、相手の癇に障る一言を話してしまいがち。
悪意はなくとも、「嫌な事を言われた」と人間関係の悪化を招くケースが後を絶ちません。

話す・聞く、どちらにしても慎重な言葉選びが重要です。
家庭の話はしないのがベストですね。

利用者からの介護拒否やストレス

認知症対応イメージ

介護士と利用者様のトラブルもあります。

例えば、特定の職員にだけ介護拒否がある等ですね。
介護拒否は解決が難しく、人間同士なので相性があるのは仕方ありません。

ですが、やはり「自分が悪いのだろうか」と悩んでしまう職員も多くいます。

介護拒否にはどう対応すれば良い?原因や対策を事例と共に解説
介護現場での悩みである介護拒否。それには様々な原因があり、それによって取るべき対応が違います。介護拒否があった時に介護士が出来る事を、場面や事例を出し解説します。

加えて、何度も同じ訴えがある等、認知症対応にイライラしてしまう人もいます。
そうしたストレスから、つい言葉や対応が荒くなってしまう事も。

利用者も意外と嫌な職員の悪口は言います。
要らぬ誤解を防ぎ、働きやすくいる為にも、利用者との関係も大切にしましょう。

職員同士でフォローしたり、職場全体で対応を考えていくなど、
一人で抱え込まない様、他人を巻き込んで解決に動く必要がありますね。

「人間関係で辞めたい時」の退職・転職アドバイス

チェックポイント(ひよこ)

介護職で今現在「人間関係が悪く辞めたい」と考えてる方もいるでしょう。

人間関係は改善が難しく、辛いなら転職すべきタイミング。
辛い時は逃げてもOK、自分を守る事を優先して下さい。

  • 退職理由の伝え方
  • 人間関係の良い職場

人間関係で辞めたい時の退職、転職方法についてアドバイスしていきます。

退職理由に「人間関係」とは言わない

退職届

まず人間関係が原因で退職する時は、素直に伝える必要はないです。

  • 一身上の都合
  • やりたい仕事がある
  • 色々と家庭の都合があって…

退職理由は、こんな感じの当たり障りない内容でOK。

退職を決めてるなら、その不満・理由は周囲に伝えないようにしましょう。
話が大きくなり、人間関係が余計こじれてしまいます。

介護業界は狭いですし、「人間関係で辞めた人」と要らぬレッテルを張られる可能性も。

今後の事も考えると職場や職員への不満は避けた方が賢明。
出来るなら、円満退職を目指すのが理想です。

介護職が円満退職すべき理由と方法

人間関係が良い介護施設を見分けるポイント

口コミイメージ

人間関係が良い職場を見分けるなら、下記ポイントを意識しましょう。

  • 施設がキレイで雰囲気が柔らかい
  • 面接官が印象が良い
  • 職員の年齢・性別がばらけている

まず面接や見学での「雰囲気の印象」。

面接での短い時間でも、「無理そう」「落ち着く」など感じる物はあるはず。
大抵の場合、この印象は就業後もあまり変わりません。

求人や面接で分かるブラック介護施設の特徴!

特に面接官は「施設長」「介護課長」など、将来的に上司となる人物が担当します。
職場の雰囲気に大きく関わる存在なので、信頼にあたるかは要チェックです。

大型施設も狙いめ

カンファレンスイメージ

また職員の年齢性別はばらけてる方が良いです。

その点では、男性職員が多い大型施設をオススメしたいですね。
職員の入れ替わりも多く、新人にとって風通しが良いです。

小規模施設は職員数も少なく、偏りが発生しやすいです。
職員も長年固定化しがちであり、新人が馴染みにくいケースが多め。

人間関係に疲れた時は「オープニング施設」がオススメ

正解を教えるひよこ

人間関係に疲れ退職しても、新たな職場も慣れるまでが大変です。

  • 新たな人間関係の構築
  • 業務の覚えなおし

仕事を続けるのも、転職するのも疲れる…。
そんな時にオススメしたいのが、オープニング施設

仕事内容も人間関係も出来上がっておらず、0からのスタートなので気楽です。
新人特有のやりにくさを回避でき、入り込みやすいです。

介護施設のオープニングスタッフを解説【仕事内容や転職方法、志望動機】
介護職員の人気求人に、介護施設のオープニングスタッフがあります。人間関係で入りやすく、やりがいもあるのが特徴ですね。その仕事内容やメリット、大変な事や苦労を詳しく解説します。求人の探し方や応募資格、志望動機など、具体的な転職方法も解説します。

先の内容と併せると、「新しめの大型施設」がオススメです。

求人情報はよく比較する

介護求人は、よく見ると細かな違いがあります。

  • 給料やボーナス
  • 休日数や特別休暇
  • 細かな手当など

よく比較し、少しでも良い条件の職場を選びましょう。

求人に魅力のある職場の方が、職員の応募が多くなります。
職員不足が人間関係悪化の原因となるので、職員の集まる好条件が狙い目。

パソコンで仕事をするスーツ女性

求人比較には、介護系転職サイトを活用します。
無料で利用できるし、希望条件で紹介も受けられます。

特にきらケア介護求人は、内部情報に詳しくマッチング重視のサービス。
オープニング求人も掲載されていますよ。

きらケア介護求人・派遣の評判や口コミは?

「紹介予定派遣」で慎重な転職活動を

通勤イメージ

職場の人間関係は、働いてみないと分からないモノ。

運任せに転職活動するぐらいなら、介護派遣も検討してみて下さい。

  • 派遣社員から正社員へのスカウトもある
  • 正社員雇用前提の紹介予定派遣

派遣先からのスカウトも珍しくないですし、それを前提とした紹介予定派遣もあります。
もし嫌な職場なら契約更新しなければOKなので、退職の手間もありません。

介護派遣のメリットとデメリット!正社員とどっちがオススメ?

介護業界は売り手市場なので、派遣でも正社員雇用に結びつけやすいです。
転職成功のため、上手く活用しましょう、

介護における「人間関係改善」「面倒なトラブル回避」方法

会議の様子

繰り返しですが、介護は決して人間関係が悪い仕事ではないです。

しかし他業界と比べ、良好な関係を築く努力はより求められます。
快適な人間関係の中働くため、「自分でできる立ち回り」や「対処方法」も考えてみましょう。

ここでは、人間関係悪化を防ぐためのポイントを紹介します。

助け合いの関係を自分から作る

誰しもが、苦手な人というのは存在します。
嫌な人や苦手な人は、上手く味方につけてしまいましょう。

仲の良い介護士

困っていれば助けたり、フォローをする等…。
自分から協力関係を築き、嫌われない立ち位置を確保しましょう。

ここで大切なのは、決して相手に都合の良い存在になってはいけないという事。
助け合いの関係を自分から作っていく姿勢が大切です。

しっかり自分の意志を持ちつつも、相手を受容する姿勢も大切です。
こちらの主張があっても、まずは相手の意見に耳を傾ける。

利用者様への対応と似ていますね。

仕事負担のバランス取りに動く

介護士の相談

また仕事負担の偏りがあると、人間関係がこじれる事も。

その辺りにも注目し、フォローを入れてみるのも有効です。

  • 自分の仕事が終わったら、助ける
  • 「大丈夫?」「何か手伝えますか?」など気遣う
  • 率先して仕事に動く

余計なことを言わず、気遣いがあって良く動く。
こうした職員はどこでも高評価です。

あなたが大変な時にも、きっと助けとなってくれる事でしょう。

暇な時間のおしゃべりも減らせるので、トラブル回避策としても有効です。

仕事力を高め優位に立つ

介護ベッドイメージ

自分の仕事の質を高めるのも有効です。

「この人は仕事ができる」と一目置かれるだけで、人間関係が楽になります。
貴方を頼りにせざるを得ない状況も増え、関係性で優位を取れます。

自分より格下と思わせない事で、発言力も増します。
助け合いの関係を自分から持ち掛けやすくなるでしょう。

利用者様とのコミュニケーションスキルなど、出来る事から始めてみましょう。

介護で使えるコミュニケーションの基本とコツ【信頼関係の必要性】
介護職は、利用者とのコミュニケーションが大事な仕事です。信頼を得る事で、相手の満足度を高め、自分が働きやすくなる効果があります。介護士経験を活かし、実践的なコミュニケーションの基本とコツをお伝えします。職員同士の人間関係改善にも役立ちますよ。

面倒くさい相手には関わらない

怒る女性職員

こちらの対応力だけでは、どうしようもない面倒な相手も存在します。

こうしたトラブルメーカーとは関わらない事です。
連絡などの最低限の会話に留め、自分の仕事に集中しましょう。

特に悪口や無駄話が多い人は、警戒しましょう。
要らぬトラブルに巻き込まれる可能性大です。

プライベートな付き合いは避ける

不正解を教えるひよこ

例え仲の良い職員でも、家庭などプライベートな話はしない方が無難です。

近すぎる距離も、いらぬトラブルを生む原因になり得ます。
相手から話を振られた時も、聞き役に徹した方が無難ですね。

人間関係には程よい距離があり、近すぎるのもまたトラブルの元になります。

望まないのであれば、プライベートな付き合いはあまり持たない方が良いです。

解決が難しければ「異動」や「退職」を

マネジメントイメージ

人間関係で苦労していても、環境が変わる事で、嘘のように上手くいく事があります。

解決が難しければ、異動を申し出てみると良いでしょう。
その際は、理由は上司など信頼できる人だけに話し、周囲に広まらないようにしましょう。

あえて違う理由を伝えるのもアリですね。

問題が心身に与える影響が強い場合、退職(転職)も視野に入れましょう。

さいごに

お辞儀イメージ

今回は「なぜ介護職の人間関係が悪いか」を語りました。

現場にいて感じるのは、「意地悪な職員」は極わずかです。
職場環境の悪さから、悪口やキツイ言葉が出てくる職員がほとんど。

それも褒められた事ではないですが、気持ちの余裕は良好な関係に必要不可欠です。

ベッドテーブルイメージ

要するに、「職員の集まる、魅力ある職場を選びましょう」という事ですね。

  • 職員の接遇、雰囲気
  • 給料や休日
  • 職員定着率

人は自分を映す鏡と言いますが、良い関係を築くには自分にも「心の余裕」が必要です。
人間関係を求めるなら、ホワイトな環境も大切です。

介護にもホワイト企業は存在する

解決が難しい時は無理に留まっても良い事はなく、時には諦めて転職するのも大切です。

良い人間関係を築く努力は必要ですが、逃げてもOKなので安心して下さいね。
介護業界も良い職場は沢山あるので、諦めずにチャレンジしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました