介護士の人間関係は悪い?良い関係を築くコツや実際のトラブル紹介

介護の人間関係は悪い?良い関係を築くコツとは 働き方

介護士の仕事というと、人間関係が心配という方もいらっしゃると思います。
ネット上でも人間関係に関するネガティブな情報が散見されます。

介護に興味があるけど、不安で踏み出せない方もいるでしょう。
介護は別に人間関係が悪くないので、安心して下さいね。

実際に介護士を経験した私が、私見を含めアドバイスを送りたいと思います。
良い関係を築くコツや実際のトラブルを交え、実情をお伝えします。

スポンサーリンク

介護士の人間関係は悪いの?

さて人間関係トラブルが多いとされる、介護業界。
本当に介護士の人間関係は悪いのでしょうか?

色々な職場を経験しましたが、一緒に働く職員には恵まれてきました
仕事でのトラブルもありましたが、それ以上に助けられる事が多かったです。

人間関係が重要な仕事ではありますが、悪いと決めつけるのは違うと思いますよ。

介護は特別人間関係は悪くない

まず始めにお伝えしたいのは、介護は別に人間関係が悪い仕事ではない事。

優しい人、厳しい人、勝手な人など、色々です。
人間関係が悪い職場もあれば、職員が仲間となり助け合っている職場もあります。

介護士の人間関係は普通

要するに、他の業界と一緒です。

介護士を長く経験し、色々な職場も見てきましたが…
人間関係が特別悪いと思った事はありません。

もしこれから介護士を目指すのであれば、必要以上に身構えなくても大丈夫ですよ。

介護職に多い退職理由は人間関係だが…

もう1つ思ったのが、人間関係が間違いなく重要な仕事であるという事。

介護はチームプレーの仕事であり、他職員との連携や相談が重要になります。
他職員と一緒に働く時間も多く、サービスの提供対象も人間です。

業務上、人間関係が重要かつ、無縁ではいられない仕事なのです。

介護職は人間関係で退職している?

現に介護職員に最も多い退職理由は、「人間関係」だという調査結果があります。
参考:介護労働安定センター「労働実態調査より

ただこれは人間関係が悪い職場ばかりだからというより、
介護の働きやすさを考えた時、人間関係が占める割合が多いからだと感じます。

また人手不足問題もあり、介護は採用基準がだいぶ緩いです。
仕事にやる気の無かったり、適性が無い人が採用されてしまう事もあり得ます。

他の職員との温度差や業務上の問題などが、トラブルに発展してしまうケースもあるようです。

介護における人間関係トラブルの特徴

ここでは介護現場の特徴を踏まえ、実際によくある人間関係のトラブルを紹介します。

事前に理解しておくことで、防止に役立つでしょう。

介護職員同士のトラブル

まず介護職員同士の人間関係について。

介護職に限った事ではないですが、仕事上でよくあるのがこんなトラブル

介護職同士の揉め事

  • 責任の押し付け合い
  • キツイ言葉を言われた
  • 仕事に対する考え方の違い

仕事をしていると、どうしてもミスは付き物。
転倒などの事故に立ち会う事もあるでしょう。

そうした時、自分を守る為に責任の押し付け合いに発展する事があります。
また悪気は無くとも、仕事に対する意見の違いから衝突する事も。

キツイ言葉や文句に注意

仕事や事故防止への意識が高いという事かもしれませんが…
あまり人の仕事に粘着質すぎる職場は働きにくいです。

トラブルを未然に防ぐには、業務やケア方法を周知し、統一されている必要があります。

また言葉がキツイ人というのも、トラブルの元になります。
自分でも、無意識に人を傷つけないよう注意しましょう。

誰にでもならまだ良いですが、特定の人にだけというなら問題です。
被害を受けている場合、上司や他職員からの注意やフォロー、時には異動願いを出しましょう。

解決が難しければ、退職や転職理由になり得ます。
介護職を辞めたい!注意したい職場と退職方法

女性同士の人間関係にも注意

女性職員が多い事も、介護職の特徴です。
特に多いのが40~50代の職員、女性同士の人間関係にも注意したいところ。

職員同士のグループ派閥意識の高さ、これらに煩わしさを覚える人もいるかもしれません。

また小規模で職員の数や出入りの少ない施設では、閉鎖的な雰囲気が出る事もあります。
グループ外の人間を無意識に異物と捉えてしまい、新規職員が入りにくくなる事もある様です。

職員の年齢や性別の偏りが強い職場では、働きにくさを感じる事があるかもしれません。

家庭の話題は注意

また女性同士という事で、注意したいのが「家庭」の話題。
家の事情はデリケートな話題で、触れられたくない深い部分。

誰しもが、色々な悩みやストレスを抱えていますが…、
だからこそ「他の人はどうだろう?」と気になってしまうのです。

悪気はなくても、「嫌な事を言われた」と人間関係の悪化を招くケースが後を絶ちません。
話す・聞く、どちらにしても慎重な言葉選びが重要です。

家庭の話はしないのがベストですね。

看護師など他職種とのトラブル

介護士は、看護師などの他職種、利用者など色々な人と関わる職種です。
人間関係のトラブルは、介護士同士だけとは限りません

他職種とは、以下の様なトラブルが散見されます。

他職種とのトラブルにも注意

  • 看護師に強く注意された
  • 指示や報告ミス

介護施設には、看護師が配置されている職場もあります。
そうした施設では、介護士と看護師が協力し、利用者様のケアを行います。

非常に心強い存在ですが…、他職種ともなれば報連相が上手くいかない事も多々あります。

「言った」「言わない」や、「他の介護(看護)職はこう言った」など、
連絡や相談が上手くいかず、トラブルとなる事も。

そうした中で強い言葉が出てしまい、後に尾を引くトラブルとなる事があります。

利用者からの介護拒否やストレス

介護士と利用者様のトラブルもあります。
例えば、特定の職員にだけ介護拒否がある等ですね。

介護拒否は解決が難しく、人間同士なので相性があるのは仕方ありません。
ですが、やはり「自分が悪いのだろうか」と悩んでしまう職員も多くいます。

利用者へのストレスに注意

加えて、何度も同じ訴えがある等、認知症対応にイライラしてしまう人もいます。
そうしたストレスから、つい言葉や対応が荒くなってしまう事も。

経験を積むことで、徐々に感情コントロールが出来るようにはなりますが、
どうしてもイライラしてしまう事はあります。

職員同士でフォローしたり、職場全体で対応を考えていくなど、
一人で抱え込まない様、他人を巻き込んで解決に動く必要がありますね。

良好な関係を築くコツやトラブルを防ぐ方法

繰り返しですが、介護は決して人間関係が悪い仕事ではないです。
しかし、それが働きやすさに直結するのは間違いありません。

快適な人間関係の中働くため、自分でできる立ち回りや対処方法も考えてみましょう。

ここでは、人間関係悪化を防ぐためのポイントを紹介します。

助け合いの関係を自分から作る

誰しもが、苦手な人というのは存在します。
そんな人は上手く味方につけられると、苦手意識が軽減します。

困っていれば助けたり、フォローをする。
「ありがとう」の一言でも聞ければ、少しは違うのではないでしょうか?

ここで大切なのは、決して相手に都合の良い存在になってはいけないという事。
助け合いの関係を自分から作っていく姿勢が大切です。

しっかり自分の意志を持ちつつも、相手を受容する姿勢もとりましょう。
こちらの主張があっても、まずは相手の意見に耳を傾ける。

利用者様への対応と似ていますね。

助け合いを自分から持ち掛ける

また仕事負担の偏りがあると、人間関係がこじれる事も。
その辺りにも注目し、フォローを入れてみるのも有効です。

あなたが大変な時にも、きっと助けとなってくれる事でしょう。

業務内容を明確にし、仕事の質を高める

意見の違いによる衝突を防ぐには、仕事の内容や考え方が明確である必要があります。
業務やケア方法は日々変化するので、いつも誰でも分かるよう管理されているのが望ましいです。

また失敗を過度に責める風潮もNGです。
事故や失敗を職場の問題として共有しつつ、前向きに対処していく事が大切です。

「皆で対策を考え改善していこう」、という雰囲気が浸透しているとベストですね。
リーダー職を中心とした、業務管理や雰囲気づくりがモノを言う所でしょう。

仕事は明確に!仕事の質も高めよう

また自分の仕事の質を高めるのも有効です。

仕事が出来ると一目置かれるだけで、人間関係が楽になります。
貴方を頼りにせざるを無い状況も増える為、嫌な言い方かもですが、優位を取れます。

自分より目下と思わせない事で、発言力も増します。
助け合いの関係を自分から持ち掛けやすくなるでしょう。

弱い立場にある職員を守る事も可能になります。

プライベートな話は避ける

先ほども話しましたが、家庭などプライベートな話はしない方が無難です。
いらぬ誤解を生む原因になり得ます。

相手から話を振られた時も、聞き役に徹した方が無難ですね。

仲よくなる事に気を取られ、相手との距離が近くなり過ぎないようにも注意しましょう。
人間関係には程よい距離があり、近すぎるのもまたトラブルの元になります。

望まないのであれば、プライベートな付き合いはあまり持たない方が良いです。

異動や退職も考えよう

不人間関係で苦労していても、環境が変わる事で、嘘のように上手くいく事があります。
解決が難しければ、異動を申し出てみると良いでしょう。

その際は、理由は上司など信頼できる人だけに話し、周囲に広まらないようにしましょう。
違う理由を伝えるのもアリですね。

問題が心身に与える影響が強い場合、退職(転職)も視野に入れましょう。

もし人間関係で退職するとしても、その理由は周囲に伝わらない様にしましょう。
話が大きくなる事で、相手との関係が余計にこじれてしまいます。

意外と介護業界は狭い物で、「人間関係で辞めた人」と要らぬレッテルを張られる可能性も。

「他にやりたい仕事が出来た」など、前向きな理由を話し、円満退職に繋げましょう。
転職活動時にも、退職理由として伝えない方が良いです。

人間関係で見る転職活動のポイント

職場の人間関係は事前に知る事が難しく、転職活動には活かしにくそうですが…。

転職活動時に活かせる内容も存在します。
いくつかポイントをまとめたので、ご参考下さい。

職場見学で雰囲気を見る

介護の場合ですと、面接時に施設内見学がある事が多いので活用しましょう。
※もちろん事前に見学を申し出るのもOKです

職場見学だけで、内部の人間関係を把握する事は難しいです。
…ですが、雰囲気は何となく分かります。

こんな雰囲気の職場はNG

  • 職場の雰囲気が暗い
  • 職場が汚い
  • 雰囲気が硬すぎる

こんな雰囲気の職場はNG

よく聞かれるのが、職員が暗かったり、挨拶が無い施設はダメという意見。
もう1つ付け加えたいのが、雰囲気が硬すぎる職場はNGという事。

「硬い」という表現をしましたが…、
一部のミスも許されないような、厳しすぎる職場を指します。

明るい挨拶があっても、それが義務付けられているような職場は違うかな、と。

穏やかで柔らかく、一生懸命、明るい挨拶が自然と出る。
こんな職場が理想的ですね。

性別や年齢の偏りにも注目

性別年齢もある程度ばらけていた方が、働きやすい傾向にあります。
この限りではないですが…、悪いグループ意識が生まれにくく、新規職員に開放的になります。

新規職員の年齢や性別を問わず、馴染みやすい環境でしょう。
見学の際には、職員同士の様子や自分が仲間に入れそうか注目したいですね。

例えば、特養や老健などは男性職員が多く、バランスが取れている傾向にあると思います。

またちょっと忙しいぐらいの方が、協力的にならざるを得ないので、良いかもですね。
無駄話をしている暇があると、余計なトラブルを生んでしまう事もあります。

紹介予定派遣やオープニング施設も検討

紹介予定派遣というのは、直接雇用される事を前提に、一定期間派遣社員として働く方法。
双方の合意があれば、派遣期間終了後に直接雇用となります。

ミスマッチを減らせる有効な転職方法の1つですね。
介護派遣で働くメリットとデメリットとは?

ただし「人間関係が辛くてすぐ辞めたい」など、相談は派遣会社の方が請け負います
突然出勤しなくなる等すると、派遣会社と派遣先双方に迷惑が掛かってしまう点にも注意です。

 

また新規施設のオープニング職員として、仕事を始めるのも有効です。

人間関係がまっさらな所から始められるので、新入職員特有の辛さを回避できます。
苦労も多いですが、仕事を作っていくやりがいもありますよ。

転職サイトで相談する

転職活動において、自分で解決が難しい事があれば、転職サイトで相談しましょう。
「こんな職場を探してる」や、分からない事や疑問なども聞いてみると良いですよ。

こんな相談もできる

  • 職員の定着率が低い職場は避けたい
  • 年齢層がばらけている方が良い
  • 転職活動への不安

介護専門サイトのアドバイザーであれば、
雰囲気など、求人では知り得ない情報を持っている事もあります。

上手く活用すれば、色々なアプローチで職場を探す事が出来ます。
紹介予定派遣やオープニング求人の特集も組まれていますよ。

転職サイトで相談する

今回のテーマから、オススメの介護転職サイトを紹介しておきます。

求人の質や定着率にこだわる「マイナビ介護職
マッチング重視で施設の内部事情に強い「きらケア介護求人

まとめ

今回は、「介護士の人間関係」についてお話しさせていただきました。

介護士の人間関係は決して悪くなく、他と変わりません。
ただしその重要性は高く、働きやすさへの影響も大きいです。

快適な仕事環境を作るには、時には自ら働きかけていく必要もあります。
心身に影響があるほど悩んでいる時は、異動や転職をして環境を変えましょう。

人間関係が悪い職場は、職員の定着率も低く、無理に留まっても良い結果になる事は少ないです。
出来る事なら、雇用や環境改善への意識が高い職場を選びましょう。

介護にもホワイト企業は存在する

良い人間関係を築く努力は必要だけど、難しければ逃げても良いので安心して下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました