介護拒否にはどう対応すれば良い?原因や対策を事例と共に解説

介護拒否の原因と対応方法 職場の悩み

介護士やご家族の悩みである「介護拒否」。
上手く解決するには、どんな対応を取るべきでしょうか。

拒否のある場面やその理由は、一人ひとり違います。
本人も「嫌だ、苦しい」という思いを抱えてる事も、忘れてはなりません。

今回は介護士経験を活かし、介護拒否の原因と対応を解説します。
その傾向や可能性を探り、対策方法の参考になれば幸いです。
スポンサーリンク

介護拒否がおきる原因は

介護拒否の原因は、個人や場面により異なります。

介護拒否がおきる場面に多いのが、オムツ交換や入浴、服薬などでしょうか。
特定の職員への拒否、暴言・暴力など、その対象や拒否方法も様々。

デイサービスに行きたくない等の拒否もありますよね。

拒否

原因が違えば、取るべき対応・対策も違います。
適切な対応策を知るためにも、まずはその理由を考えてみます。

多くの高齢者と関わってきましたが、下記の様な理由があるようです。

介護拒否の理由

  • プライドや介護への抵抗心
  • 体調や気分
  • 認知症等による意思疎通の難しさ
  • 特定職員への苦手意識

1つずつ見ていきましょう。

プライドや介護抵抗からの拒否

自分が介護を受けるという違和感から、拒否が出る事もあります。

「自分で出来る、人の世話にはなりたくない」という気持ちです。
「自分が情けない」「現実を受け入れられない」、という感情を併せ持つ方もいます。

介護慣れしていない方も多く、介護をされる事への抵抗心が出てしまいます。

解決には、ご本人の気持ち寄り添った言葉や対応、長い時間を必要とします。

帰宅願望

それに高齢者の多くは、自分の家で生活したいという思いを抱えています。

利用者様から、「家に帰る」という言葉を聞いたことはないでしょうか?
施設の利用に納得してもらえず、お悩みのご家族もいらっしゃると思います。

帰宅願望から、介護拒否が出るケースもあります。
「介護施設やデイサービスは嫌だ」、そんな気持ちもある事を知っておきましょう。

体調や気分による拒否

認知症の方をはじめ、自分の不調や気持ちを上手く言葉にできない方もいます。

調子が悪い時は起きたくないし、お腹が一杯なら食事は食べたくありません。
眠い時は動くのが億劫だし、オムツ交換や入浴で服を脱ぐのは寒いです。

そんな時に「嫌だ!」という気持ちが強く出てしまうのです。

当たり前の事ではありますが…
介助に必死になってしまうと、それが見えなくなってしまう事も。

悩み

今までの経験から、特に拒否が強くなる時が下記3つ。

拒否が強くなる時

  • 痛い
  • 寒い
  • 眠い

なかでも特に拒否が強くなるのが、「寒い時」と「痛い時」。

介助場面で言うと、オムツ交換や入浴、傷の処置時など。
相手の気持ちをいかに察し、上手く苦手意識を克服できる環境を作っていきましょう。

認知症による介護拒否

「こわい」「不安」という感情も、拒否を生む原因です。

介護施設は、認知症や耳が遠いの方も多く利用されます。
上手く声掛けしたつもりでも、相手に内容が伝わっていない事も…。

「突然何をするの!?」という恐怖や不安からの介護拒否もあります。

言葉選びやジェスチャーなど、その人にあった方法で意思疎通を図りましょう。

物盗られ妄想

認知症や精神疾病等で、介護を受ける精神状態でない(不穏)事もあります。

今どこにいるか分からない、物盗られ妄想など…、
ご本人からしたら、食事やトイレどころではない事も。

声掛けの工夫や時間を置くなどし、解決を図る事も多いですが…
程度により、薬の変更等が必要になる事もあります。

特定職員への介護拒否

場面を問わず、特定の職員が介護拒否を受ける事もあります。

特定の年齢・性別の方へ拒否がある場合も多いですが…、
それと関係なく、ある職員だけが拒否を受ける事も。

拒否までいかずとも、「なぜか強い口調で怒られる」というパターンもあります。

落ち込み

職員にとっては、精神的ダメージが強い拒否です。
「自分に非があったのだろうか?」と悩んでしまう方も少なくありません。

ですが、自分自身に原因が無くとも発生する事も多いので、気にしすぎなくて大丈夫です。
多かれ少なかれ、皆経験します。

過去の経験や個人の考え、苦手意識が原因にある事が多いですね。

「似た人から嫌な思いをさせられた」、「何となく苦手」。
そんな感情が認知症などと相重なり、拒否として強く出てしまうようです。

※クリアな方でも同様の拒否はあります

ポイント

いずれにせよ特定職員への拒否は、解決に時間がかかります。
無理して対策せず、職員を変えるなどして対応しましょう。

距離を置き関りを減らした方が、介護者・要介護者共にストレスが少なくなります。
忘れた頃に拒否が無くなる事も

介護拒否への対応と対策

改めて介護拒否の対応や解決方法を考えてみましょう。

対策としては、下記の様な対応が出来ます

介護拒否時の対応方法

  • 声掛けタイミング、環境を工夫する
  • 利用者との距離を置く
  • 代替方法や妥協案を考える
  • 拒否を受け入れる

気分や意思疎通の問題であれば、声掛けや環境の工夫で解決できる事もあります。
本人の不快感を減らす為、違う方法をとってみるのも有効。

但し、対応を焦ってはいけません。

覚えておいて欲しいのは、「嫌なモノは嫌」だという事。
拒否への対応策は、それを緩和したりごまかす方法です。

根本的な解決は、非常に難しいのです。

傾聴の図

特に「介護への抵抗心」や「特定職員への拒否」は、解決に時間を必要とします。

無理に解決しようとせず、拒否を受け入れる事も大切です。
諦める、離れてみる、というのも正解の1つです。

声掛け方法や環境を工夫

認知症等で声掛けの理解が難しい場合、簡単で短い内容に言い換えます。

1つの動作の度に「○○しますよ」と、声かけがあると良いですね。
「ここを持って」など、簡単な指示を出す事でスムーズに介助が出来ます。

「寒さを克服する為、暖房をつける」など、環境にも気を配りましょう。

介助イメージ

環境や行為に原因がある場合、それが終わると落ち着かれる方も多いです。
「さっきはごめんね」などの言葉が出る方も

また声のトーンを変える事でも、介護拒否を減らせます。
”穏やかに落ち着いた声で”、”大袈裟じゃなく自然に”が望ましいですね。

否定せず納得できる言葉を探そう

声掛け時は、相手を強く否定したり、無理強いしてはいけません
相手を逆上させ、怒りや拒否を生みます。

「今は大丈夫」という返答にも、裏には「嫌だ」「面倒」という気持ちも隠れてます。

タイミングを見て声掛けを繰り返したり、その人に合った言葉を探してみましょう。

怒る患者と怒られる女性

穏やかな方でも、無理強いすると、大抵の場合「怒り」が強く出ます。

そうするしかない場面もありますが…、
それは最後の手段とし、「諦める」選択も知っておきましょう

拒否が強い時は特に、本人が納得できる言葉選びが大事になります。
「薬塗らせて」なんかは、よく使いますね。

ジャスチャーも効果的

意思の疎通には、ジェスチャーも効果的です。

経験上、ジェスチャーを交えると指示が伝わりやすくなります。

OKやNGサイン、行く場所や持つ場所を示したり…
介助もスムーズになるので、試してみて下さいね。

どんな対応なら理解しやすいかは、その人の能力によって異なります。
様子観察をしつつ、適切な声掛け方法を探ってみましょう。

異動や交代で利用者と離れる

特定職員への拒否は解決が難しく、仕事にも支障が出ます。
他に職員がいれば、対応を変わってもらいましょう。

ただ毎回仕事を変わってもらうのも、精神的に辛いです。
理解の無い職員がいると、人間関係のトラブルにも発生しかねません。

介護士が良い人間関係を築くコツ

長期的な目線では、フロアやユニットの異動で解決した方が望ましいかと思います。
1人で抱え込まず、周囲に相談して下さい。

一次的な拒否であれば、時間をおいて様子見しましょう。

代替案や妥協案を考える

オムツ交換や入浴など、どうしても必要になるケアもあります。

ですが、無理に介助してはさらに拒否が強くなります。
暴言や手が出る等、職員・利用者共にケガをする危険があります。

そんな時は別の方法を取ってみましょう。

入浴介助後の車イス移動

入浴だったら、シャワーや更衣・清拭。
オムツ交換なら、時間や回数を減らすなど…。

本人の負担を減らし、無理なく行えるところから対応を始めると良いですね。
その判断はなるべく個人ではせず、他職員も交え全体で決めていきましょう

拒否を受け入れた業務作りをする

介護拒否を仕方ない事として、無理に解決しないのも対応の1つ。
「代替案」や「距離を置く」のも、そういった姿勢よりの対応ですね。

嫌なモノは嫌なのです。
それで良いと受け入れてあげるのも、対策の1つです。

既に述べたところもありますが…、
大事な事ですので、もう少しお話ししておきます。

介護リーダーと会議

受け入れるといっても、内容によりそうもいかなかったり、判断が難しい事もあります。
そのままにしてしまうと、仕事をしてない等、評価を落とす事も考えられます。

嫌なんだと受け入れたうえで、「ならどうするか」を話し合われる必要があります。
ケアマネなどの他職種、職員も交え、対応を考えていきましょう。

拒否があった時には、必ず報告して問題を共有して下さい。
話し合いや会議などを通し、拒否を踏まえた業務ルールを作っていきましょう。

介護拒否の事例集

私も介護職員として、色々と介護拒否の場面を見てきました。

その経験から、いくつか内容をご紹介します。
介護拒否の事例集として、何かのお役に立てれば幸いです。

信頼を得て拒否を無くす

サービス付き高齢者向け住宅で、訪問介護員として勤務していた時のこと。
気難しくて有名な女性利用者様がいました。

認知症が少しあるもしっかりされており、自分の事は大抵できる方です。
介護予防やボケ防止が気になり、漢字や計算ドリルでの脳トレが日課です。

そんな彼女ですが…、誰かれ構わずとにかくよく怒る
拒否はありませんが、常に高圧的。

利用者・職員問わず、相手を下に見てしまい、粗が気になってしまいます。

私も「大卒の男がこんな仕事するな、しっかりせい!」とよく怒られました。
※返す言葉もないですが(笑)

デイサービスの介護予防運動

そんな彼女が唯一尊敬の眼差しを向けるのが、デイサービスのリーダー。
介護予防や脳トレを教えてくれる、「先生」です。

後に私も「この言葉の意味を知りたい」と聞かれた事がありまして…
スマホで調べて解説してから、先生の仲間入りができた様です。

ちょっとしたミスがあっても、「ええよ、ええよ」と許してくれるように。
※徐々に同じ様な職員も増えてきました

ご本人の性格は変わりませんでしたが…、
悩みや不安を解決し、信頼を得ていく方法もあります。

オムツ交換の拒否

オムツ交換の拒否も、介護士なら誰もが経験あるんじゃないでしょうか?

例えば、認知症が強く、言葉での意思疎通が困難な方。
どんなに説明しても不安がぬぐえず、「何すんだ!」と手が出てしまいます。

体位交換

私も経験ありますが、女性が好きな方だったので対応を変わってもらってました。

自分で入る時は、好きな趣味の話をしてその隙に…、という感じですね。
ちなみに成功率は5割くらい。

上手くオムツを閉める余裕もないので、他職員には「漏れてたらゴメン」と前もって謝ってました。

余談ですが、仕事の不安などは周囲に伝えておくと、ストレスや誤解を防げます。
介護士がストレスを感じる原因と対策方法

拒否の原因が「眠さ」にある時は、声掛けだけして介助は遅らせるのも手。
徐々に覚醒して、拒否が無くなる事も。

眠りスキャンなど、利用者の覚醒を検知できる介護機器もあり、拒否対応に役立てる施設もあります。

帰宅願望による介護拒否

家族目線の話になりますが、家族が介護施設が嫌で帰ってきた事があります。

元々周囲とのコミュニケーションが苦手というのもありまして…、
「帰りたい」と訴えが強すぎて、施設側で対応できなかったそうです。

その後デイサービスも試しましたが、馴染めませんでした。
※ちなみに本人はだいぶ動けるようになり、自宅で元気にしてます

老人ホームから強制退去となる理由 転居を考えるタイミングとは
家族が入居している介護施設より、「退去してほしい」と求められる事があります。 老人ホーム等を利用してる方のご家族は、どこかで退去の不安もあるのではないでしょうか? ここでは、「どんな理由で介護施設から強制退去になってしまうか」を解説しま...

上記の記事でも、同様の話を紹介していますが…
介護拒否を原因に、施設やサービスを利用できなくなる事もあります。

介護拒否の悩みは、職員や本人だけでなく、家族の悩みでもあるのです。
※職員への申し訳なさで、面会に行きにくいご家族もいます

介助と同じく、本人が納得・妥協できる方法を選び、少しずつ慣れていくしかありません。

最後に

今回は、介護拒否の原因と対応について、介護士目線でお話ししました。

拒否の解決や利用者様の理解には、時間が必要です。
焦りや無理強いは、かえって悪影響を及ぼすので厳禁。

まずは問題を共有する事からはじめ、上手くいった例や対応方法を話し合いましょう。

24時間シートなど、利用者情報を共有できるツールもあります。
介護施設で使う24時間シートとは?必要な理由や記入例を解説!
ユニット型施設でよく使われる24時間シートについてまとめてます。内容や目的、記入例などを解説しつつ、現場での実態や必要性についても語ります。

また認知症の有無でも、取るべき対応が異なるかと思います。
言葉によるごまかしも可能ですが、相手や場面を見て判断して下さい。

認知症が強い方でも、職員の顔は結構覚えてくれてます。
ゆっくりと介護や職員に慣れてもらい、信頼を得ていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました