介護士とヘルパーの違いとは?資格や仕事の違いと関連用語を解説

介護士

介護士は、ケアスタッフや介護職員など様々な呼ばれ方がされる職種です。

そのうちよく耳にするのは、「ヘルパー」という言葉じゃないでしょうか?
ヘルパーも介護士を指しますが、特定の職場の介護士や資格をいう事も多い言葉です。

そこで今回は「介護士とヘルパーの違い」について解説します。

仕事や職場、資格など、両者の細かな違い等をお話しします。
他にも「よく使われる介護の職種や言葉」もご紹介しましょう。
スポンサーリンク

介護士とヘルパーの違い

ヘルパーも大まかに言うと、介護士の事を指します。
しかしヘルパーという言葉を使う場合、「特定の事業所の介護士」や「資格名」を指す事が多くなります。

仕事や職種による違い

介護士の仕事は、大きく分け「施設」と「訪問」に分けられます。
ヘルパーが特定の事業所の介護士を指す場合、主に訪問介護員の事を言います。

訪問介護

訪問介護員は別名「ホームヘルパー」と呼び、利用者様のお宅で介護サービスを提供します。
オムツ交換などの身体介護、家事代行等の生活援助のサービスを提供するお仕事ですね。

訪問介護員の仕事内容とは?

一方、老人ホームやデイ等の施設介護士は「介護職員」と呼ばれ、訪問介護員と区別されます。
施設介護職員は、他にもケアスタッフやケアワーカー等の呼び方もされます。

実務経験では同等の扱い

介護福祉士やケアマネージャーなど、受験に介護士経験が問われる資格もあります。
その場合、ヘルパーと施設介護職員で優劣が付く事はありません。

介護福祉士に必要な実務経験とは?

資格におけるヘルパーとは?

訪問介護員と施設介護職員では、介護士として働く為の資格要件が異なります。
施設は無資格でも可能ですが、訪問介護では初任者研修という資格が必要です。

勉強する看護学生

これは昔はホームヘルパー2級と呼ばれていた資格で、変更があり初任者研修の名称となりました。
今も昔も、訪問介護員になる為の必須資格である事は変わりません。

介護職員初任者研修とは?

他の介護主要資格も同様に変更があり、現在ではヘルパーの名前は見られなくなりました。
ですが、その名残でこれらの介護主要資格を指し、ヘルパーと呼ぶ事もあります。

資格に関する細かな変更はあったものの、基本的な内容は同じです。

介護福祉士と介護士・ヘルパーの違い

ヘルパーや介護士だけでなく、介護福祉士との区別が難しい方もいらっしゃると思います。

介護福祉士とは資格名の事を指します。
ベテランの証明ともいえる、介護士の国家資格ですね。

介護福祉士とは

所有者の職種は主に介護士ですが、訪問介護員や施設介護員など様々な形があります。
また生活相談員やケアマネージャーなど、介護福祉士の資格を活かせる職種は多数あります。

施設介護士とホームヘルパーの仕事の違い

施設介護士とホームヘルパー(訪問介護員)の仕事の違いについて、もう少し詳しく見てみましょう。

両者共に介護士なので、基本的なサービス内容は変わりません。
食事や排泄などの「身体介護」や「日常生活の援助」等を行います。

しかし実際に働くとなると、大きな違いがあります。
職場選びの際に重要な内容ですので、解説していきます。

サービスの提供体制が異なる

訪問介護と施設介護では、サービスの提供体制が大きく異なります。

施設介護では、入居したり通われる利用者様を対象に。
訪問介護では、自宅で生活されている利用者様を対象にサービスを実施します。

訪問介護は綿密なスケジュールで1対1のサービスを提供

このうち特徴的なのは、訪問介護の方ですね。

施設では複数の介護職員で業務にあたれますが、訪問介護は基本的に利用者様と1対1です。

誤薬の確認

また訪問介護では、利用者様毎に「サービスの提供内容」や「時間」も細かく定められてます。
介護施設でも大まかな生活の流れはありますが、訪問の方がよりスケジュールが綿密です。

加えて人の家でサービスを提供する、という特有の難しさもあります。

介護施設はその種類により仕事が異なる

介護施設の方は、施設の種類によりまた色々と仕事内容が異なります。

大きく分けるなら、「入居施設」と「通所施設」になります。
24時間対応の入居施設、主に日中のみ対応のデイサービス等、といった感じですね。

デイサービスの介護予防運動

例えばデイサービスは自宅から通う施設なので、送迎なども行います。

基本的にサービスの提供時間が決まっており、夜勤が無いなど勤務時間の違いもあります。
レクリエーションなどの余暇活動が活発的なのも特徴ですね。

デイサービスの仕事内容を紹介!

車イスの介助

入居施設の方は、利用者の介護度やその規模などで様々な種類があります。
どの施設も「24時間体制でサービスを提供する」点は共通ですね。

私は特に特養経験が長く、別記事で解説もしてます。

特別養護老人ホームの介護士の仕事内容と給料を解説

またサービス付き高齢者向け住宅など、入居施設内に訪問介護事業所が併設される事も。

働くなら「施設」と「ホームヘルパー」どっちがオススメ?

ホームヘルパーも施設介護も、どっちが楽と言う事はありません。
どちらにも大変さもあれば、やりがいもあります。

また他にも訪問入浴や各介護施設など、紹介しきれないぐらい沢山の職場があります。
職場選びの際は、仕事内容を調べ「自分の適性」を考える事が大切ですね。

夜勤の有無など、勤務時間の違いもあるので、そこを重視するのもアリ。

介護派遣の人間関係

未経験の方であれば、他職員の指導を受けやすい施設介護を経験される事をオススメします。
介護経験を積む中で自分の適性が見えてくる事もあるので、色々とチャレンジしてみましょう!

もし興味があれば、介護系転職サイトで求人検索や相談が出来るので活用して下さい。

一緒に覚えたい「介護の職種・役職」など

介護現場には、介護士やヘルパー以外にも色々な職種や役職があります。
それらを中心に、よく使われる言葉を一部ご紹介します。

解説記事がある内容は、項目名に記事へのリンクが張ってあります。
言葉 意味
サービス提供責任者(サ責) 訪問介護事業所における役職者
介護計画書の作成や業務管理などを行う
生活相談員 介護施設などで相談援助を担当する専門職
サービスの連絡調整や窓口業務等を担う
介護支援専門員(ケアマネ) ケアプランの作成やケアマネジメントを行う専門職
介護支援専門員になるには、試験の合格する必要がある
看護助手 病院などで看護師のサポートなどを担当。
身体介助など介護士に近い業務もある。
実務者研修 旧ホームヘルパー1級相当で、サービス提供責任者になれる資格。
取得は、介護福祉士の受験条件の1つになっている。
ショートステイ 介護施設に数日~1週間程度宿泊し、入浴や食事などの介護サービスを提供する。
別名は「短期入所生活介護」。
ユニット型施設 施設内でユニットと呼ぶ、小さな生活グループを複数形成する施設。
一部の特養や老健、グループホーム等が該当。

OKサイン

もし「介護の言葉をもっと詳しく知りたい」と思ったら、下記の書籍が参考になります。
介護業界について、広く詳しく分かりやすい解説があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました