介護士の「仕事が出来ない」「遅い」を解決する仕事術とは?

介護士の「仕事が出来ない」悩みとは介護職で働く

介護の仕事は、はっきりとした正解のない仕事です。

「仕事が出来ない、分からない」、「遅い事を注意される」。
こんな悩みを抱える介護士も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「介護士の仕事が出来ない悩み」に対する解決策を紹介。
仕事での動き方や考え方など、介護士に必要な仕事術を考察していきます。

スポンサーリンク

「仕事が出来ない」と考える介護士の悩み

一言に「仕事が出来ない」と言っても、色々あると思います。
まずはその原因を探ってみましょう。

疑問のある介護職員

介護士が仕事で困る場面というと、下記の様なモノがあると思います。

介護士の仕事の悩み

  • ケア方法が分からない、合っているか不安
  • 介助が多くて仕事が終わらない
  • 介護拒否で仕事が出来ない
  • 他職員と上手くいかない

1つずつ見ていきます。

ケア方法が分からず常に不安がある

仕事に対する不安がある時は、そもそも仕事の正しい方法が分からない事も多いです。

介護士ですと、主に利用者様の介助対応方法です。

車イスの介助

利用者様の事が覚えきれず、仕事についていけない。
「これで良いのか」と自信を持てず、常に漠然とした不安がある。

こんな状況も介護士には多いのではないでしょうか?

自信がないから、「利用者様の心身が必要以上に気になる」「他人のチェックが気になる」。
こういった不安やストレスにも繋がります。

また独り立ちを急かされ、負担を抱えてる職員もよく目にします。
無理だと感じたら、指導者にペース落として貰えるよう相談して下さい。

介護士が独り立ちする期間と流れを解説!

転倒などの介護事故に立ち会った時も、最初はかなり気落ちしますよね。
ですが、誰しもが経験する事なので大丈夫ですよ。

「自分の仕事が遅い」「仕事が終わらない」

仕事が終わらない」というのも介護士に多い悩みです。

食事介助やオムツ交換、記録作業に入浴介助。
時間がいくらあっても足りませんね。

忙しい介護士

「自分は仕事が出来ず遅い」と悩んでる方も多いと思います。
残業が増えたり、他職員へ迷惑をかけてないか気になったりもしますよね。

焦ってしまうと、それがミスを招いたりします。

極端なところだと「スピード命」みたいな施設もありますし…。
仕事の早さを指摘される機会も意外とあります。

ですがそれに飲まれて、職員都合のみで働くのも本末転倒です。
この辺のバランスとりも難しいところ。

職員や利用者との関係が上手くいかない

自分に自信がない時ほど、他人の目が気になるものです。

ここまで述べた仕事の悩みは、利用者や他職員との関係にも関わってきます。

仕事内容が人間関係に影響する事も…

  • 仕事が遅い事を怒られる
  • 他人のチェックが気になる
  • 介護拒否など、仕事に支障が出る

怒る女性職員

介護はチームプレーの仕事ですから、他人の動きは目に入ってしまいます。

仕事の能力により、他職員や利用者との人間関係に悪影響が出てしまう。
逆も然りで、人間関係が足かせになり仕事への悪影響・ストレスに繋がる事もあります。

特にストレスなど精神面に与える影響が強い悩みですね。
介護士ならではの特徴かと思います。

「仕事が出来ない・遅い」と思った時に試したい事

主任イメージ

それでは、「仕事が出来るようになる為の解決策」に話を移します。

私の経験では、その原因・解決策には大きく下記2パターンあります。

  • 自分の動き方で改善する事
  • 職場環境に原因がある時

効率や動き方を考え、自分で改善出来る事。
そもそも仕事量が多すぎて、自分での解決が難しいケースですね。

介護業界では後者も多く、このあたりの見極めも大切になります。
ここで紹介した内容を試し、難しいと思ったら転職も検討すべきかもしれません。

情報交換で分からない事をなくす

仕事で分からない事やミスがあった時は、隠してはいけません。

必ず誰かに相談・確認するクセをつけましょう。

介護において正しい仕事というのはケースバイケースで、利用者やその時の様子等で異なります。正しかった対応も、利用者に変化があれば間違いに変化する事もあります。

これが正解と断言できる事は少なく、介護の仕事は結構手探りの部分が大きいです。

カンファレンスイメージ

なので職員同士で情報を共有し、ケアや対応方法などの仕事ルールを作っていく事になります。

慣れた介護士同士でも「○○の時はどうしてる?」なんて会話もよくします。
分からない・失敗した時は、堂々としていて大丈夫です。

転倒などの事故や些細なケガに気付いたも、必ず報告しましょう。
介護士としては気落ちしてしまいますが、誰しもが通る道なので大丈夫ですよ。

介護事故報告書の書き方と記入例を紹介!報告が必要なのはどんな時?

きちんと報告がある事で、皆で解決策を考える事が出来ます。
自分の身を守る事にも繋がります。

注意点として、良かれと思ってやった事が職場のルールを乱してしまう事もあります。
改善案などがある場合も、職員やリーダーに提案し、情報共有してから行いましょう。

自分でも介護知識や技術を学ぶ

パソコンを見る女性職員2人

とっさの判断を求められる事も多いので、自分でも基本的な知識をつけておきましょう。
必要技術や知識については、参考書籍も紹介してます。

介護士へお勧めしたい本まとめ

緊急対応方法など、職場ルールの確認もお忘れなく。

時間や効率を意識する

利用者様とゆっくり過ごす時間も大切ですが、仕事では業務効率も重要です。

介護士の仕事は、基本的に利用者様の生活ペースに沿って進められます。
その為、何かが遅れればその後の業務時間も少なくなります

チェックポイント(ひよこ)

「この時間までに○○を終わらせる」等、時間への意識が重要な仕事ですね。

時間や物事の優先順位は、常に考え動く必要があります。

転倒リスクのある方や食事介助など、事故リスクの高い場面には優先して目を向けます。

慣れてくると「この時間はこれぐらいかかる」という時間感覚も分かり、早めに動いた方が良い時、後でできる事なども見えてくるはずです。

分からない時は、5分前行動を心がけると余裕に繋がります。

「何もしない時間」を減らす

効率良く仕事するなら、何もしない時間も極力減らす事です。

入浴介護のイメージ

例えば、入浴介助の時。
入浴拒否のある人をずっと説得していては、いつまでも次の仕事が出来ません。

声をかけてダメなら、次の人の入浴介助を行う。
そうして時間を置きつつ、小まめに説得を試すなどをします。

やるべき仕事も多いですが、どうしても「今は無理」という内容も出てきます。
そうした時、いつまでも執着せずできる仕事を確実に進める意識も大切ですね。

仕事の全体量を見て、何にどれだけ時間を使うか逆算して動きましょう。
余裕がある時は、記録や雑務など時間に関係なく出来る業務も進めると尚良いです。

やり過ぎの介護を減らす

時間を無駄にしない為には、やりすぎの介護を減らしましょう。

やりすぎの介護とは?

  • 食事の意思がないのに、完食するまで介助する
  • 排泄があるまで、ずっとトイレに座らせる

上記等を必要以上に行ってるなら、改めた方がお互い楽になります。

またこれらの間は焦りも生まれるし、他の方への見守りがおろそかになります。
やりすぎを減らす事で、事故リスクの軽減にも繋がりますよ。

女性訪問介護員の食事介助

介護の仕事は、時にこちらの判断で食事やトイレを中止する必要もあります。
相手の様子やかけた時間を見て、適宜判断しましょう。

この判断が難しくはあるのですが、判断基準は相手の状態により異なります。
経験を積み養ってくしかありません。

職員や利用者を味方につける

介護士のプライベートイメージ

介護士は、他職員利用者と無縁でいる事は出来ません。

両者と上手く関係を築けるかが、仕事のやりやすさや評価にも繋がります。
どうせ無縁でいられないなら、自分の味方にしてしまいましょう。

介護職が覚えたい利用者とのコミュニケーション方法

上記記事でも言ってますが、「情けは人の為ならず」ですね。
人への親切は自分の為になる、相手の気持ちになって行動しようという事です。

介護拒否には無理に対応しない

拒否

介護士の大きな悩みに「介護拒否」もありますね。

先に話しましたが、拒否が強い時は無理に対応しなくて良いです。

無理に介助しようとすると、相手も自分の身を守る為に手を出してしまう事があります。
相手や自分のケガに繋がる危険もあるので、注意しましょう。

介護拒否にはどう対応すれば良い?原因や対策を事例と共に解説

しかし、これは放置して良いという事ではありません。

声掛けや時間をおくなど、色々なアプローチを試してみましょう。
これも職員同士で情報共有し、ケア方法を考えていく形になります。

速さより、まずは「安全性を重視」

速さや効率について述べましたが、1番重要なのは安全性です。
安全や相手の気持ちを無視して、速さのみ追求する事は間違いです。

分かりやすい例を挙げます。

ダメな介護例

  • 食事の意思があるのに下膳する
  • 眠っている利用者を早すぎる時間に起床させる
  • 手抜きやズルをする

仕事の目的や本質を無視し、職員都合のみを考えた動き方ですね。

こういったやり方は、たとえ早くてもNGです。

利用者様や他職員にも、こういった動きはすぐ分かります。
信頼関係が崩れますし、結局自分にも仇となり返ってきます。

ベッドで休むお婆さん

仕事が早ければ、より多くの人にサービス提供ができ、待ち時間も減らせます。
介護で効率を重視するのは、決して悪い事ではありません。

ただ「きちんとしたサービス提供」が前提なのは、忘れない様にしましょう。
まずは分からない事を無くし、1つ1つを安全に自信を持ってこなせるようしたいですね。

仕事が多く、終わらないのが普通な場面もあります。
時には妥協や諦めも肝心です。

最初は「ゆっくり考えながら動く」

介護の仕事では、コミュニケーションも重要です。

初任者研修等でも、「声掛けしながらゆっくり」と言われますが、これは本当に大切です。

声掛けによって相手が安心し、介助もスムーズになります。
指示を出して協力を仰げば、お互い楽に動けますし、効率的です。

整容する高齢者と見守る介護士

また時間や効率は意識しつつも、必要な所は安全にじっくりと行う必要があります。
余裕が無い時も、「妥協して良い点」と「抑えるべき点」を上手く見極められるようにしましょう。

体調や事故など、健康や安全への配慮は最優先事項です

失敗しても良いので、ここまでの内容を意識しつつ考えながら動く事。

何だかんだ言いましたが、結局は慣れや経験が解決します。
毎日の積み重ねで、少しずつでも必ず成長しているので、焦らずに行きましょう。

先輩からの指導

また能力のある職員がいれば、その動きをよく見てみましょう。
他人の動きから学べば、自分のスキルアップも早くなります。

介護士のスキルアップになる資格と能力は?

後は失敗を隠さず、結果や相手の言葉に素直でいる事ですね。
表裏なく堂々と働いていれば、意外と皆ミスには寛容です。

「転職でしか解決できない事」もある

食事を急ぐ看護師

介護業界では、業務過多や人員不足にある職場も多くあります。

人間関係や仕事への考え方など、自分が働きにくくなる環境要因も無視できません。

  • そもそもの仕事量が多すぎる
  • 安全性や相手の意思を無視したスピードを求められる
  • 「仕事が出来ない人」のレッテルを貼られている

こうした職場の場合、自力での解決は難しいです。
どうしても辛いなら転職を考えるべき時かもしれません。

特に「ダメな人」のレッテルを貼られると、人間関係に上下関係が発生してしまいます。
覆すのはなかなか難しいですので、環境を変えてみる事をオススメします。

チェックポイントを教える介護士

また介護施設の種類により、仕事の量は異なります。

例えば、特養や老健は介助量が多く忙しいです。
比較すると、有料老人ホームやサ高住は自立度が高く負担も少ないです。

この差は大きく、業務量が多い職場では中堅介護士でも時間で仕事は終わりません。心当たりがあるなら「今より楽な施設」への転職を考えてみましょう。

転職サイトのアドバイザーに相談すれば、希望に合った職場の紹介も受けられます。
「マイナビ介護職」が職員定着率にこだわっており、使いやすいのでご紹介しておきます。

マイナビ介護職の口コミや評判を紹介!

あとがき

そんなワケで「介護士が仕事が出来ないと思った時の解決策」をお伝えしました。

私がこんな事を書くのも恐れ多く、抽象的な内容もあったと思いますが…。
昔の悩みを思い出し、誰かの助けになれればと執筆した次第です。

仕事が上手くいかず、不安な時は本当に辛いものです。そんな時は包み隠さず「出来ないけど頑張ってる」、「馬鹿と思われてもいいや」ぐらいに開き直ってしまうと、気持ちも楽になりますよ。

疑問も人に聞きやすくなりますし、共感してくれる味方もいるはずです。

介護職が働きやすい施設を経験から紹介!仕事が楽で人間関係が良い職場はある?
大変なイメージの強い介護職ですが、働きやすい介護施設も多数あります。仕事が楽な施設もあれば、給料や休みの多い職場もあります。個人の適性もありますが、それを抜きにしても施設による働きやすさの差は確実に存在します。自分の転職経験を通して分かった施設種類による負担の違い、自分が働きやすくいる為のコツなどをお伝えします。今現在「働きにくい」と感じてる介護職の方は、ぜひご参考下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました